« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月の29件の記事

2004.03.28

Wireless Optical Desktopを買った。

マイクロソフトの製品紹介ページ

 今日、秋葉原を歩いていたらラオックスが1000円割引のクーポン券を配っていた。ちょうどMac館が閉店セールを行っていたので、それと併せて使えれば結構お得なのではないかと思ったので、向かってみた。そうすると、周辺機器が20%引きとのこと。ということでちょうど欲しかったワイヤレスマウスでも買おうと思って売り場を歩いていたら、マイクロソフトのWireless Optical Desktop(ワイヤレスキーボードとマウスのセット品)が目に留まった。定価は12800円。そこから20%引き+1000円引きとなると9200円!ということで勢い余って購入。マイクロソフトのハードウェアは値崩れする事はないのでとてもお買い得だった。
 家に帰ってiBookに接続してみる。先にドライバーを入れUSBを刺すと再起動後にあっけなく認識。使い勝手はとてもいい。一番驚いたのはドライバーのできの良さだ。Windows版ならば当たり前だと思うが、Mac版でこれだけドライバーの性能がいいとは思わなかった。各種ボタンはとても細かく設定できるし、ショートカットキーも割り当てられる。売りの機能の一つである“チルトホイール”はとてもなめらかに、一切のストレスなく機能している。OSXに最初から入っているマウスのドライバーよりも性能がいいのではないだろうか。
 このマウスに搭載されている“平行方向へスクロールできるチルトホイール“はWIndowsではエクセルでしか使い道が思い浮かばないが、Macでは大活躍だ。Finderのカラム表示は、平行方向へスクロールを多用するからだ。実際に試したところ、とても便利に使えた。
 キーボードとマウスの色が黒しかなく、ちょっとMacとは似合わないが、とても良くできた製品だと思う。お勧め。上記のラオックスのセールは今月中までやっているので、欲しいと思っている人は急いでいってみるといいかもしれない。
 ところで、やっぱり、ワイヤレスっていいですね。今まで無意識のうちに色々な事が制限・束縛されていたという事が実感できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSリーダーで全文を読みたい理由

 観測気球さんが「RSS リーダで「全文」見せられるのは、鬱陶しいと思ってしまう方です。概要だけ、 簡潔に短時間に次々に流し読みしていきたい。」とおっしゃっているのを見て、ああそういう人もいるのだなと感じた。やっぱり、人それぞれで考えが違うのだと。
 ところで、僕が(何リーダーでもいいけど)RSSリーダーでブログを読みたい理由を以前書いたけれど、ほかの理由として、インターネットに接続していない時にまとめて読みたい事が多いというのがある。僕は朝起きてパソコンを起動してRSSリーダーで一気に更新サイトをダウンロードする。そしてノートパソコンをかばんに入れて電車に乗る。あとはゆっくり読むだけ。今はほかのツールを探していないけれど、携帯電話やPDAやiPodと連携する事も可能だと思う(そんなVアプリを作りたいな…作ろうかな。SDカードを使って連携すれば簡単な気がする(?))。しかし、全文がダウンロードできないとそれも夢の話。
 地球観測さんは「「概要」は RSS 1.0、「全文」は RSS 2.0 で流すというように、 2つの RSS を作ってしまってもいいかな? と思ってます。読者に好きな方を選んでもらう。」と書いていてナイスアイデアだなとは思ったけど、これはRSSリーダーの仕事なのではないかと思った。現在のブログの概要は別に筆者が頭を使って略しているわけではなく、先頭から数文字を機械的に配信しているだけだ。だったらRSSリーダーが勝手に先頭から数文字表示すればいいだけだと思う。また、一太郎に搭載されているような概要抽出機能をリーダーに搭載すれば、簡単に内容を把握できる。

 と書いていて思った。トラックバックをすると、相手のブログサイトに概要もどきが数行のるけれど、あれを自分で編集できるようには出来ないのだろうか。また、ココログ新着記事一覧に載る概要もどきも同様に感じる。まあ、一々概要を書く人も少ないかもしれないけれども、相手に読んで貰う大切なきっかけなわけだから、自由に配信できるようにしてもいいのではないだろうか。独自規格上等!!最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.27

ブログ時代のカウンター論

 ウェブ管理者はカウンターが好きだ。カウンターのためにウェブサイトを更新している人も多い。実際に僕自身がそうだ。カウンターが回ればうれしいしやる気も出る。カウンターが回って欲しいから毎日更新する。しかし、ブログ時代に従来のようなカウンターは似合わないのではないかと強く感じる。(素人なので専門用語の使い方が間違っているのかもしれないが)ブログの本体はメタデータにある。ブラウザーで見ているブログのサイトは見やすくするために便宜的に表示されているにすぎない。そのため実際に、ブログのサイトなんかなくたってブログは読める。そのため、ブログのサイトに設置されているカウンターは意味を成さない事が多い。ココログのモブログを携帯電話で参照してもカウンターは回らないし、RSSリーダーで読んでも回らない。そして、ブラウザーでブログのサイトを見るよりメタデータでブログを読んだ方が便利だし読みやすかったりする。さらにたちが悪い事に、毎日頑張って更新したり、毎日更新しているサイトほどRSSリーダーで読まれる可能性が高い。つまり、更新頻度とカウンターが比例しない。
 思うのだが、前回ブログで無くなって欲しい機能で書いたような事をする人たちはカウンターを回すためにやっているのではないだろうか。RSSリーダーで読めないようにしてサイトへ来させる。しかし、これではブログのメタデータの利点をつぶしている。新しい時代なのだから、ウェブ管理者も新しい発想が必要なんだと思う。
 しかし、アクセス数(購読者数)は気になる。そこで、メタデータアクセスカウンターみたいなのは作れないのだろうか(僕はウェブ技術に疎いので技術的に可能かどうかわからないが…)。index.rdfのダウンロード解析でもいいと思うのだが(同一IPの制限&新規記事のみのカウントしていけば、現在の定期購読者数がわかると思う)。

 僕はブログを書いていて検索で引っかかって一つだけの記事を読んでいく人よりも、定期購読者数の方が気になる。だから、定期購読者が計れるツールを強く望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

ブログで無くなって欲しい機能

  “記事の続きを読む“機能や“RSS配信の文字数制限機能“を無くして欲しい。理由はズバリ、RSSリーダーで記事の全文を読めないからだ。RSSリーダーで記事の書き出しを読んでからブラウザへ飛んで記事を読むのがめんどくさい。なんでRSSリーダーですべてを読ましてくれないのだろうか。RSSリーダーで大量のブログサイトを読んでいる場合、一々ブラウザーへ行ったり来たりする作業は苦痛以外の何物でもない。また、記事の続きを読むという機能は普通にブラウザーでブログサイトを見ている時にも邪魔だ。文章を読むリズムを崩される。いまだ、これらの機能で恩恵を受けた事は一度もない。しかし、これらの機能を使う人は増えている。だから、是非ともなくなって欲しい機能だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

Wireless Toolkit 2.1で(JSCLを含んだ)Vアプリのパッケージを作る方法(コンパイルする方法)

Vアプリのエミュレーターをインストールして、そこで出来るstubclasses.zipを利用する。
以下のパスはデフォルトの設定でインストールした場合。
C:¥V-appli_SDK_121¥lib¥stubclasses.zip
このファイルをワイヤレスツールキットのインストールフォルダの中にある、ライブラリーフォルダの中に持って行く。
旧バージョンのワイヤレスツールキットの場合、zipファイルのままファイル名をmidp.zipに変更して上書きすれば良かったが、最新版ではjarに変換する必要がある。
上記のzipファイルを適当なソフトで解凍して、コマンドプロンプトを起動。解凍先のフォルダへ移動して、
jar cvf midpapi10.jar com java javax
という風にjarを生成する。
そうしたら、ワイヤレスツールキットのインストールフォルダの中にあるmidpapi10.jarのファイルと置き換える(上書きする。心配ならばバックアップを取っておく)。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのコメント

 以前、ココログのコメントの履歴を残して自分のブログの管理画面で参照できるようにして欲しいと書いた。その機能を更に拡張して、自分のコメントの履歴をみんなに公開できるようには出来ないだろうか。具体的には、自分のブログに“(他人のココログへの)コメント一覧”という欄をもうけるのだ。
 有名で面白いブログライターのコメントの履歴はみんなが興味を持っている事ではないだろうか。また、コメントの履歴を表示できる事により、他人のサイトへコメントを残すというのが記事を書くのと同じくらい大切な行為に昇華できる。それによりブログの活性化も期待できる。もちろん、コメントごとに履歴へ残すか否かを選択でいるようにする。
 具体的に実装するとしたらトラックバックの原理を使うのが一番ベターなのかもしれない。つまり、コメントにトラックバック機能をもうけるのだ。そして、そのトラックバック先を自分のブログの“コメントトラックバックセンター(仮称)”へ設定すればいい。いっそのこと、どこへでもトラックバック出来るようにしてもいいかもしれないが、あまり枠を広げすぎると混乱を呼ぶ可能性があるのでやめた方がいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

更新

メールの記憶のページを更新した。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

hotmailに対して感じる事

 最近、hotmailのアドレスを見かける事が多い。掲示板やウェブサイト上で見かけるのなら理解できるが、友人等のメールアドレスもhotmailである事が多い。
 僕はhotmailが嫌いだ。まず何よりも、“受信する側”が強制的に広告付きのメールが送られてくるということだ。なによりもこれが腹立たしい。失礼としか思えない。そんなメールを受信するたびに「オマエが無料でメールを送るために何で自分が広告を見せつけられないといけないのか!?」と感じる。それに、メールを受信するのが必ずしもパソコンとは限らない。携帯電話で受信すれば(広告の分)余計にパケット料金も発生するし、AirH"で受信すれば受信時間の負担にもなる。
 第二に、捨てアドレスのにおいがするのが嫌だ。hotmailは無料で何度でもアドレスが取得できる。そのため、教えて貰ったアドレスが長い間使われているアドレスかどうかがわからないという気持ちになる。
 第三に、hotmailの受信は大抵Webで見られる事が多い。そのため、送ってもすぐに見てもらえるかどうかが不安だ。そして、hotmailをローカルで受信するためにアウトルックを使う人を増やしているというのも許せない(メーラーの選択肢を狭めている)。許せない理由は二つあり、マイクロソフトの独占を招いているように思えるし、アウトルックユーザーを増やす事によってウイルスメールの増加、ウイルス感染者の増加を招いているように思えるからだ。
 第四に、自分が信頼されていないんじゃないかという気持ちになる。これは「第二の理由」で述べた事に関連するが、どうにも捨てアドレスのにおいがするため、プライベートのちゃんとしたアドレスを自分には教えたくなく、一時的に捨てアドレスとしてhotmailのアドレスを教えているのではないかと思ってしまう。
 第五に、hotmailから送られくるイタズラメールやウイルスメールが多いということ。そういうのを送るやからを増やしているし、知人や友人にhotmailアカウントを持っている人がいたらアカウントの一括受信拒否も設定できない。

 上記の理由の総合的な気持ちとして、根本的にフリーメールというのが好きになれないという事もある。Web上で公開するアドレスならば対ウイルス、対スパム対策としていいのかもしれないが、プライベートなアドレスとして有料サービスのアドレスを持っていろよと思うからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイトの更新

写真な生活を更新した。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

書きたい時に書く

 書きたい時に書くというのは重要だ。後で書こうと思っていた記事は永遠に書かない事が多いと思う。そう思うのは、なにより僕がこのウェブサイトを数年間続けている間、書きたいと思っていながら書かなかった事がものすごくたくさんあるからだ。例えば、面白い商品を買ったとする。それをみんなに紹介したくてレビュー記事をアップしようと思う。けれどもGoLiveの起動や写真撮影がめんどくさくて後回しにする事が多い。そうなったら最後、そのレビュー記事を書く事はなくなってしまう。数日、数週間経過するとほかの事に興味が移ってしまってその商品の事なんてどうでも良くなってしまう。なにも商品に限った事ではない。面白いサイトの紹介、楽しかったお店、きれいな景色の写真等々の話題…、ウェブサイトに掲載したかった話題はたくさんある。
 ブログがはやっている理由の一つに僕と同じように感じている人が多いからというのがあるのではないだろうか。出先でも書きたい時に書ける。携帯で写真を撮ってそのままアップロードする事も出来る。簡単にリンクが張れる(簡単に宣伝、相互リンクも出来る)。デザインもレイアウトもリンクもインデックスも気にしなくていい。
 初めて訪れたサイトの掲示板に書き込みをするのはなかなか勇気がいる行動だ。そのためあいさつはどうしようかだとか、どんな話題をふろうかだとかを悩んでいるうちに書き込みしなくなってしまう事が多い。しかし、ココログのように気軽にコミュニケーションがとれる土壌があるとそんな事を気にしなくてもいい。いつでも気軽にコメントという文章が書ける。
 メモ帳、ネタ帳を活用している人をたまに見掛けるが、僕のいろんなところにためてある情報は活用された事がほとんど無いし、活用しようと思った事もない。いつもためておくだけだ。 思い立った時に文章を書くというのはとても重要だと思うし、そんなツールが必要とされているのだと思う。

とはいっても、書いてばっかりでは意味がない、ビジネスの世界ではそんな事言っていられないという事で、ジャストシステムはこういうソリューションを提案しているんだろうなぁ…。やっぱり役に立つのかな。ネタをとにかく残して、それを活用する技術。それもコンピューターらしい提案なんだろうな。というか、書くツールと一体化してこそ価値があるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.20

メールの記憶

 すてきな発見をした。エミュレーターでは動作した。後は実機でテストするのみ。実機で動いたら正式に公表しようかと思う。お楽しみに。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログに求める機能の提案

★コメント履歴機能
 ココログの人の記事にコメントを書くのはいいけれど、どのサイトにコメントをしたかを記憶しておくのはなかなか大変だ。特に新着記事一覧から適当にアクセスしたサイトでコメントを残すと二度とその人のサイトに訪れられなくなったりする。現状では一々ブックマークするかメモしておくしかない。そこで、コメントの隣にココログIDとパスワードを記入する欄をもうけるのだ。コメントを書き込むと自分のディスクスペースにコメントの履歴を残しておけるという寸法だ(IDとパスワードはサーバーで管理するため、コメントを残した先には残らない)。また、IDを記入する事で一々名前やメールアドレスやURLを自動入力してくれる機能があってもいい。

★簡単トラックバック機能
 現在トラックバックを打つのはとても面倒だ。ということで、トラックバックをリンクにする(ほかのブログサイトのために非リンク形式も残しておいてもいい)。で、そのリンクを押せばココログIDとパスワードを記入するページに飛び、そのままいきなりトラックバックが打てるという機能だ。

上記の2機能はブログを活発にする効果も期待できるためいいと思うのだがどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを自宅サーバーへ引っ越す人たち

 ココログの記事を眺めていると、サービスを辞めて自分でブログを立ち上げてそっちへ引っ越す人が多い。もちろんそれも面白いのかもしれないけれど、僕は素直に賛同できない。なぜならばブログはコミュニティーだからだ。ココログで記事を投稿すればココログの新着記事一覧に載るし、カテゴリーにも載る。ココログルの検索エンジンにも載る。(僕だけかもしれないけれど)ココログ同士の方が気軽にコメントやトラックバックを打てる(初心者ほどそういう人が多いのでは?)。
 また逆に、自宅サーバーではなくココログでないといけないと思わせる機能が必要なんだと思う。せっかく、同じプロバイダーでIDとディスクスペースを管理しているのだから色々と面白い事が出来るはずだし、出来るようにするべきだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.19

メールの記憶を更新

 メールの記憶がバージョンアップしたので、それにあわせてページを更新した。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの料金体系に思う

 いろいろな理由があってこういう風になったんだと思うけれど、もっと細かく料金体系を区切って欲しかった。例えば、デザイン編集が+100円とかという風に。少なくとも、ディスクスペースの容量と他のサービスは切り離して欲しかった。ココログのディスクスペースは10Mごとに100円という風にして欲しかった。プラスの色々な機能はとても魅力的だけれども、450円は高いと思ってしまう。特に、僕は初期容量の30Mになんの不満もない。つまり、プラスのディスクスペースは無駄になる。プラスの機能だけを+200円とかで提供して欲しい。プロのコースになるともうココログをまじめにやる人じゃないと無理だなぁと感じた。逆に、ベーシックコースの機能に満足していても、30Mの容量がいっぱいになったらプラスやプロのコースを申し込まないといけない。やはり、ディスクスペースは別の料金体系にして欲しい。ということで、僕はココログのディスクスペース節約のため、画像を載せるのは控えようと改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.15

忙しい

 忙しいというか、疲れたというか。体力が落ちたんだろうな。多分、大して忙しい訳じゃないと思うんだけど・・。困ったものだ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

オムニアウトライナー(アウントラインプロセッサの話)

 アウトラインプロセッサは使った事が無く、これからも特に使う予定はないんですが、ほかの人はどうなんでしょうか。パソコンを使っているとメモをしたくなる時があります。そういう時はテキストファイルを作ってメモしているんですが、あまりうまくいきません。だから、オムニアウトライナーを使ってみようかと思ったんですけど、いまいちしっくり来なかったので残念。このサイトを見ていると案外WiKiがいいのかなぁと思ってきたので今度導入してみようと思う今日このごろ。皆さんはどうやってメモを取っていますか。
 ということで、オムニアウトライナーですが使っていません。けれども、このソフトで概要を作ってオムニグラフでインポートすると一発で構造図が描けたりして便利だなぁとは思いました(アウトラインプロセッサの階層がそのまま階層図として描画してくれる)。けど、使わなそうだなぁ。HTMLにも書き出せるらしいけど…、どうなんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

エヴァンゲリオン

 先日、友達からエヴァンゲリオンのDVDを全巻借りてきた。実は、今まで一度も見た事がなかったのだ。ということで、昨日からずっと見ている(今も電車の中でw)。いつも友達が残酷な天使のテーゼをやっと原曲で聞けた。いつも友達がカラオケで歌っていたから曲は知っていたんだけどね。今、12話まで見た。最初の数話目までは滅茶苦茶暗い心理描写ばかりだったけれども、中間は比較的明るい調子になった。これからエンディングまでどう変化するのか楽しみ。
 甲殻機動隊の音楽を菅野よう子がやっているのでサントラを買いたい。今日買ってこようかな。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.09

宣伝とか報告とか

昨日予告したとおり、2つココログを増やした。

javaとかVアプリとか
Vアプリを中心に、javaやプログラムの話を書く

更新履歴とかつぶやきとか
HPの更新履歴とか日々思っているプライベートなつぶやきを書く


んで、このココログはITネタ一般について書く
まあ、使い分けられるかどうかわからないけれど、やるだけやってみようと。上手くいかなかったらすぐに止めようと思う。更新できるかわからないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VアプリのP5型用エミュレータが動かない

 この前、P5用エミュレータが公開されたので早速落として使ってみようとした。しかし、エミュレータは起動するのに、そこからソフトが起動できなかった。これは、(自分の作った)ソフト側の問題なのかなと思って、しばらく放置していた。で、ボーダーフォンのサイトにP5用のサンプルが公開されている事に気が付いたので、それをエミュレータで実行してみようとしたらやっぱり動かなかった。これは、まずいなと思って原因を探ってみた。普段使っているデスクトップマシンではないノートパソコンの方で実行してみたら上手くいった。ということはつまり、ノートパソコンとデスクトップパソコンの環境の違いによるものだと予想できる。疑ったのはjavaのバージョン。ところが、同じバージョンだった。しかし、気になる点が1つ。デスクトップパソコンのjavaは何故かプログラムファイルズにインストールされていたのだ(今まではCドライブ直下だったのに)。もちろん、ノートパソコンの方もCドライブ直下。ということで、インストールするときに、Cドライブ直下を指定してみる。しかし、動かない。ということで、サンのサイトに行ってみる。で、結論。ここにある“Download NetBeans IDE v 3.5.1 with J2SE v 1.4.2 COBUNDLE (info)” ではなく、“Download J2SE v 1.4.2_03”を使ってインストールしたら上手くいった。理由はよくわからないが、シンプルなSDKの方がいいようだ(多分、インストール後の微妙なディレクトリ構造の違いが影響していると思う。エミュレータのエラーメッセージが“javaのなんたらdllが見つかりません“だったから)。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.08

オムニグラフ

 Macにオムニグラフというとても簡単に美しい図が作成できるソフトがある。端的に言えばVisioみたいなソフトだ。僕も早速使ってみて、自分のウェブサイトの構造図を描いてみた。もちろん、ソフトの技術やセンスやこだわりがあればもっときれいに仕上がるだろう。
 オムニグラフは昔から名前だけは知っていたが、「Illustratorを持っているからいいや」と思って無視をしていた。しかし、トライアルバージョンがある事を知ったために使ってみた。そうしたらこのソフトのすごさに数分で気づき、ほれ込んだ。もっとこのソフトを早く知っていれば…。今ではそう思っている。
 オムニグラフは、ソフトの目的がしっかりしているため単純明快だ。すべての機能が図を描くという一つの目的にあるため、操作に迷う事もない。そして、欲しいなと思う機能は大抵実装されているし、やりたい事も簡単に見つかる。
実際に僕自身も、このソフトを触ったその瞬間から簡単に図が描けた。
 もちろん、オムニグラフで出来る事は“苦労すれば”Illustratorでも出来るが、それはあまり意味のある苦労だとは思わない。オムニグラフはいいソフトだと思う。久しぶりにこういうソフトに出会った。Macらしいソフトだと思う。

 っていうか、トライアルライセンスを使えば永遠に製品版を買わなくていいような…(?)。

オムニグラフ(act2)
オムニグラフ(米国本家)
トライアルのためのライセンスはこっち(何回でもOK)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにちは

 このココログには、更新履歴とかつぶやきとかそういうのを載せていきたいと思います。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こんにちは

 プログラムをやっていて思った事とか、Vアプリを作っていて気が付いた事、Tipsとか、情報とかそういう事をつづっていきたいと思います。プログラマー的なつぶやきも取り入れていきたいと思います。TipsはたまっていったらHTMLにしてまとめるのもいいかもしれないですね。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスカモン

 くるわくるわ、ウイルスメール。もう、ウイルスメール受信するのめんどくさいからニフティの迷惑メールフォルダを有効にしてみた。意味ないかな?それでも駄目ならウイルス駆除サービスに加入してみるかな・・(それでも結局受信するのか?)

 ブログに書きたい事たくさんあるんだけど、最近プログラムに没頭していて時間がない(否、ブログを書く気力が残らない)。うん、久しぶりにJavaな生活。プライベートを忘れて没頭中。面白い発見があった。楽しいね、プログラムは。でも、自分の無力、無能さを痛感しまくりな状態になって、ずっと鬱になるけど。

 ああ、もう一つココログ作ろうかな。つぶやきたい。あと、プログラムネタを書きたいな。そうなると、もう二つココログを開設する必要がある。よし、あした開設しよう(そんな気力あるかな?)。

 やっぱり、一つのブログには一つのネタ(ジャンル)だと思うんですよ。だって、RSSリーダーで受信しまくり、登録しまくりだと余計なネタ読む暇がないし、読む気力もないし、ってかウザイだけだし。なんか、普段パソコンのネタをしゃべるブログだから登録しているのに、映画のネタとか話されても興味ないんだよ!みたいな。そりゃ、普通のウェブサイトの日記だと大好きな開設者しか読まないからそれでもいいんだけど、RSSリーダーによる大量消費だとね。とかと思うわけですよ。ここのブログでVアプリネタを繰り広げても読む人いないだろうし。僕のつぶやき読みたい人いないだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

ATOKの共同通信社 記者ハンドブック辞書

 昔、雑誌の編集部でアルバイトをしていた時、校正の人が共同通信社記者ハンドブックの辞書を片手に仕事をしていたのを覚えている。その時、“ああ、プロの人はこの辞書を使って文章を校正していくんだな”と思ったものだ(国語辞典よりもこの辞書を引いている事が多かったような気がする)。そんな体験もあったせいか、この辞書に妙な思い入れがあるため、ジャストシステムからATOK用の専用辞書が発売された時はうれしかった(←“嬉しかった”と変換したら注意がでて、“うれしかった”と変換しなさいと言われた)。この辞書にはいろいろな使い方があると思うけど、読みやすい文章を書くための辞書なんだと思う。だから、難しい言葉や漢字を指摘してくれる。パソコンの漢字変換で陥りがちな過ちをさける事が出来るのではないかと思う。ああ、なんかいろいろと校正の指摘を受けると、校正の人が入れた赤字を思い出すなぁ。
 ということで、読みやすい文章を書きたい人とか、ATOKをパワーアップしたいと思っている人とかにお勧め。というか、無駄にATOKをバージョンアップさせるよりも専門辞書を充実させていった方が幸せになれるんじゃないかと思う。
 ああ、ちなみに、用語の意味の比較表示とか、略語の正式名称変換表示とかの機能もある。詳しくはジャストシステムの紹介サイトを見て欲しい。


そのほかのATOKの専門辞書一覧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

MacOSXでの壁紙

 僕がWindowsを使っていた時は色々な壁紙を使っていた(ノートパソコンだと動作を軽くするために無地にしていたが…)。写真だったり、イラストだったり一ヶ月に一度は変えていたと思う。ところが、MacOSXを使うようになってから壁紙をいじるという事が無くなった。いじりたくなくなったという方が正しいかもしれない。MacOSXを使い始めて半年くらい経つけれども、ずっとデフォルトの壁紙のままだ(AppleバックグラウンドのAquaBlue)。何でだろうと考えてみた。MacはWindowsと違いアプリケーションの最大化という機能がない。Windowsの場合、アプリケーションを最大化すると背景が自動的に灰色で描画され、その上に作業エリアが描画される(フォトショップとかが分かりやすいと思う)。ところが、Macの場合、アプリケーションは必要なエリアにしか描画されない(ブラウザも)。ということはつまり、常にデスクトップの壁紙がどこかに表示されている状態が続くということだ。もし、派手でカラフルな壁紙を設定した状態でフォトショップを使ったらどうだろう。その壁紙に作業を邪魔されてしまうのではないか。また、ウェブサイトを閲覧している時も目障りになるのではないだろうか。かといって、無地だとちゃちすぎる。となると、常にバックグラウンドで描画されていても気にならないデフォルトの壁紙がピッタリという話になる。そもそもそんな難しい事を考えなくてもAquaBlueは綺麗な壁紙だ。それに、MacOSXは全体的にブルーが使われているため、青色の壁紙が似合う(最近はメタルだけど)。Windowsユーザーでデフォルトの壁紙をずっと使っている人は少ないのではないだろうか。逆に、OSXだとずっと使っている人は多いのではないだろうか。そして、美しく完成されたデザインというのは、一々ユーザーにデザインのカスタマイズをさせたいと思わせないようなものをいうのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

InDesignとWordとMac

 僕はMacを使っていますが、今日一つ問題が出ました。なんとワードファイルを開く必要がでたのです。「あぁ憎ったらしいファイルだ、ゴミ箱に捨ててやれ」といきたい所ですがそうもいきません。勿論ワードなんて持っていません。Windows時代は無償のワードビューワを使っていたのですが、マックにはそんなものありません。ワードを開くためにウィンドウズを起動するのもイヤーな感じ。どうしたものかなぁ、と考えていたら思いつきました。「InDesignにWordのインポート機能があったような…」と。ビンゴでした。ファイル→配置からワードファイルを選択したら無事読み込み完了。詳しく検証していないのでなんともいえませんが、レイアウトもそれなりに維持してくれる模様(表とか罫線とかは駄目だろうなぁ…どうだろ?)。
 Wordは持っていないけど、InDesignなら持っているという人はお試しあれ(そんな人いるのか!?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03

Netsky.D

 今日、Netsky.Dが添付されたメールが3通もきたよ。まったく。僕のサイトに来た事がある人、僕の知り合い、ようはつまり、僕のメールアドレスがシステムのどこかに残っている人は感染しているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.01

プロフィールの写真

 色々なブログを回っていると、似たり寄ったりの雰囲気のサイトが多いため、どのサイトがなんなのかが記憶に残りにくい。そんな中、記憶に残っているサイトを思い出してみると、プロフィールの写真(絵)を掲載しているサイトが多い事に気が付く。まあ、文字ばっかりのサイトというのもアレなので、僕もマネをしてプロフィールに画像を張ってみた。
 あはははは。予想以上に気色の悪い画像だ。うん、しばらくこのままにしてみよう。うんうん、気味悪い。
 これは、小学校六年生(?)の時に作ったお面だ。一応自分の顔に似せて作ってある(少なくとも当時の自分はそう思っていたのだろう)。似顔面とでもいうのか?今見ても、まあパーツ毎の特徴は似ていなくもないかもしれない。髪の毛がボサっとしているところとか、たれ目なところとか、ボケーとした雰囲気とか。
 それにしても気色悪いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »