« ココログのコメント | トップページ | ブログで無くなって欲しい機能 »

2004.03.25

Wireless Toolkit 2.1で(JSCLを含んだ)Vアプリのパッケージを作る方法(コンパイルする方法)

Vアプリのエミュレーターをインストールして、そこで出来るstubclasses.zipを利用する。
以下のパスはデフォルトの設定でインストールした場合。
C:¥V-appli_SDK_121¥lib¥stubclasses.zip
このファイルをワイヤレスツールキットのインストールフォルダの中にある、ライブラリーフォルダの中に持って行く。
旧バージョンのワイヤレスツールキットの場合、zipファイルのままファイル名をmidp.zipに変更して上書きすれば良かったが、最新版ではjarに変換する必要がある。
上記のzipファイルを適当なソフトで解凍して、コマンドプロンプトを起動。解凍先のフォルダへ移動して、
jar cvf midpapi10.jar com java javax
という風にjarを生成する。
そうしたら、ワイヤレスツールキットのインストールフォルダの中にあるmidpapi10.jarのファイルと置き換える(上書きする。心配ならばバックアップを取っておく)。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« ココログのコメント | トップページ | ブログで無くなって欲しい機能 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/349116

この記事へのトラックバック一覧です: Wireless Toolkit 2.1で(JSCLを含んだ)Vアプリのパッケージを作る方法(コンパイルする方法):

« ココログのコメント | トップページ | ブログで無くなって欲しい機能 »