« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の17件の記事

2004.09.29

音楽ネタばっかりですね。

 それは、最近僕は音楽を聴く生活しかしていないからなんでしょうね。なんとわかりやすい!というわけで、アジアンカンフージェネレーションを聴き続ける毎日です。
 そういえばこの前部署でご飯を食べていた時
「仕事どう?」
「あ、楽しいですよ」
「なに!?仕事が楽しい!?●●にもっと仕事やらせなきゃな。まだまだ甘かった」
とかと言われました。これからは
「もう死にそうです。鬱ですよ。会社辞めたいです。」
と答える事にしようと思いましたね。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.26

アジアンカンフージェネレーション

cds.jpg 某友達にのせられて、アジアンカンフージェネレーションのアルバムを買ってきた。君繋ファイブエムっていうやつです。ってか、CDとかDVDを買うのはいいんですけど、部屋に置き場所がなくて困ります…。CDを買ってくる→iTunesで取り込む→机の横に置いておくということを繰り返している日々なのですが、いつか雪崩が起きそうです。いや、週に一回は起きているか…。
 ところで、このアジアンカンフージェネレーションを買いにお店に行ったんですが、最近のアルバムはレーベルゲートCDでした。パソコンでしか音楽を聴く環境がない僕としては「オーノー!」ということで、迷わず昔に発売された普通のCDをチョイス。「ふふふ、コピコンCDより普通のCDの方が売れるのさ」とかと笑みを浮かべつつ会計をすませる。
 というわけで、アジアンカンフージェネレーション歌いたいのでどなたかカラオケ行きましょう。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.09.20

iMac G5 の実物を見た

 この前用事があって秋葉原を歩いていたらラオックスの前を通りがかった。そこには「iMac G5解禁!」の文字が!!すわ!これは実物を拝まなくては!ということで、6Fまでエレベーターを使って上がる。
 感想。
 巨大な壁。巨大な塊。
 なんだろう、質感は悪くない。むしろいい感じ。けどやっぱり下の空間は気になる。そして威圧感を感じた。デカイ。デスクトップ画面が巨大な壁に埋もれているように見えた。だから、液晶面積は狭く感じるんだけどやっぱり解像度は高いわけで大きい。なんか、不思議な感じ。
 どっちかというと、正面より側面、背面の方が美しく見えるのは僕だけだろうか。
 AdobeCSがインストールされていたので試してみたら、なかなか快適。うーん。いいなぁ。
 でも、なんとなくPowerMac G5 + シネマディスプレイに惹かれる今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックな音楽を熱く語る(5)

 こんにちはー。ちょっとお久しぶりなこのコーナー。今回からは少しテンションを変えていきまーす。えぇ、!マーク付けるの疲れたんで…。今日もどんどん行きましょー。
 さてさて、クラシック音楽を語る上ではずせないお方がいらっしゃる。それは、そう、あの人だ!「モーツアルト」だ!ということで、今回はモーツアルトについて熱く語っていきたい!
 モーツアルトと一言で言っても色んな曲があるから難しいし、下手な事言うと「なにでたらめな事いってんねん!オマエ!」と怒られてしまいそうだ。が、あえて素人のデタラメなモーツアルト感で今回は語っていきたい!
 モーツアルトの曲を聴いていて思うのは「なんて基礎的な曲が多いんだろう」ということだ。変な飾りやトリック、レトリックがない。時代が古いせいか、使われている楽器の種類も少ない。なのに、奥が深くて、聴いていて面白い曲が多い。もはや、モーツアルトの実力としかいいようがないんじゃないか!
 が、しかし、正直な話俺はモーツアルトが苦手だ。聴いていると若干眠くなる曲が多い…。こう、ココロにグットくる曲っていうのかなんていうのか。そんな感じだ。クラシック音楽にトライしようとして最初に有名だからという理由でモーツアルトを選ぶと、「うーん、やっぱりポップスがいいかな、自分には」と思っちゃうのではないだろうか!?
 そんななかで、俺が大好きなモーツアルトの曲をいくつかご紹介していきたい!
 ところで、モーツアルトの良さって何だろう??それは、さっきも言った変な飾りがない原点的音楽といった所にあると感じる。あと、前回も語ったような「音楽」、つまり音を楽しむ事ができる曲が多いって事なんじゃないだろうか。つまり、変な感情や、よけいなメロディーによる連想、空想がなく、純粋に音の繋がり、音の理論、音の空間を楽しむ事ができる数少ない作曲家の一人だと思う。
 そんなモーツアルトの中でもとびきりなのが「アイネ クライネ ナハト ムジーク」だ。タイトル通りのこの曲。有名すぎるからわかると思うけど、「チャーチャ チャーチャ チャチャチャチャチャー」って奴だ!(それで、わかるか!ボケ!)
 正直な話、俺はこの曲を小学校5年生くらいの時から聴いていたし、実際に演奏していたけれども、良さを理解して積極的に好きになったのはつい最近だ。10年、それ以上かかってよーやく良さがわかった。あれだ、いっつも喧嘩ばかりしている幼なじみのようなやつだ。
「オマエって全然女っ気がないよなー、もうすこし女らしくしろよー」
「うるっさいわね!アタシはこれでいいの!!」
「やーい!ばーか!」
「タカシ!!」
みたいなことを繰り返していた中学高校時代。
そんな関係が10年以上続いたある大学4年の春、病気で倒れる。ぐはっ。
そんな時に幼なじみのミホコが看病に来るわけだ。
「ほんっとタカシったら馬鹿なんだから」
「うるせーよー」
と、強がってみるののの、なんかいつもとは違う雰囲気。
なんかビミョーにドキドキドキドキ。
その時はもちろんなんにもなかったけど、それから学校で会うと上手くはなせなくて、ひょっとして!?こ、これは、、恋い!?
そうやって意識しだしてミホコを見ると、今まで自分は何を見ていたのか。いつの間にか可愛くなっていやがって。。他の女とは違うちょっと素朴な感じ、そして大人びた雰囲気…。

 そう、このアイネクライネナハトムジークにはそんなミホコみたいな感じがあると思う訳なんだな!この曲、クラシック業界ではあまりにも当たり前すぎて、案外真面目に聞かれる事がすくないのではないかと思う。有名な曲だから適当に聴いていてもメロディーを頭の中で自動補完してくれる。が、こいつ、真面目に付き合って聴いてみるとすっげー、奥が深い。是非とも耳を澄まして最初から最後まで真面目に聴いて欲しい。純粋な音の繋がりと響きを存分に楽しめる貴重な曲だと俺は思う。(この曲は眠くらならないと思う!)

いつもの通り、視聴のリンクだ
Eine Kleine Nachtmusik, KV 525, I. Allegro Mozart
試聴するにはiTunesが必要です(無料)。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.16

誕生日

 僕が、ホームページを立ち上げてから4年が経過しました。色んなサイトが開設しては閉鎖し、開設しては閉鎖しを繰り返している中、4年間ずっと続けてこれたのを嬉しく思っています。
 このサイトの流れを振り返ると、だいたい一年周期で変化してきたような気がします。最初は、暴想紀、絵からスタートしました。次に自典がきて、デジカメ及び大江戸線がきて、プログラムがきて、ココログという流れでしょうか。いつも言っている事ですが、このサイトがここ数年の僕の等身大であり、自己紹介です。
 僕の中では、楽しいお笑いサイトを目指しているのですが、どうでしょうか。楽しいお笑いサイトになっているでしょうか…。
 多忙な上に、アイデアが何も思いつかないので、この記念すべき日を特別祝うようなことはできませんが、偶然にも今日ちょっとした花火を他所であげられそうです。さっききづいた。嬉しい。
 パソコンを始めて5年半、インターネットとホームページを始めて4年ですか。いろいろあったなー。
 パソコン歴は5年ですが同じ事を1年以上続けた事がなかったりするような気がします。最初はワープロソフトを使うためにパソコン買って、Photoshopにはまって、それがイラレに変わって、ホームページ、インターネットに変わって、デジカメになって、音楽聴く道具になって、スケジュール帳になって、プログラム製造マシンとなりJavaをやってperlをやって。それぞれ一年ずつぐらいでしょうか。どれも広く浅くの知識ですが、寝る間を惜しんでそれぞれに打ち込んでいました。だいたい、それの全部がこのホームページにつまっていると思います。あ、トップページは「http://homepage3.nifty.com/com/」ですよ?

 何回か転々としました。最初はgeocitiesでした。そうそう、数年前は誰もがgeocitiesを使っていたような気がします。最近はどうなんでしょうか。ってか、最近はみんなブログですね。僕の友達もみんなココログ使ってます。誰もHTML型のホームページなんてやってないですね。うわお。

 もうちょっと語りたいけど、そろそろ寝ないとなのでお休みなさい zzz

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.09.12

付けるの難しい・・・

contactlenze2.jpg コンタクトレンズ導入二日目ですが、未だに取り付けに手こずります。まあ、その内慣れてきたらあくびをしながらでも取り付けられるのでしょうが、今は四苦八苦。数分間悪戦苦闘して、もう、涙目状態です。まあ、一度取り付けられたら全然平気で、コンタクトの存在を忘れるくらい快適なんですけど(って、そのうち本当に忘れてそのまま寝てしまいそうだ…)。
 僕の場合、左右で違う種類のコンタクトレンズを付けなきゃならないので、どっちがどっちだかわからなくなってしまいそうでこわいです。特に、コンタクトレンズを取り付ける際は、眼鏡を外して全くみえない状態になるわけでして。うーむ。
 あと、微妙なのがランニングコストです。無精な性格な上に、どれくらい続けるか未定なのでワンデータイプの使い捨てをチョイスしてみたんですけど、1日200円以上、月に診療代を含めて8000円近くかかってしまいます・・。わーお、携帯代よりも、プロバイダー代金より高いよ。うげー。かなりの贅沢品です・・。ちょっといろいろ考えなくては…。何かうまい手をご存じの方がいらっしゃったら是非とも教えてくださいませ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「ツナガリ」展

 「なんでも作るよ。」さんも参加しておられる「ツナガリ」展。密かにウォッチしているんですが、そもそも「何でココログが展覧会やるんだろう?」って思ってたんですよ。んで、ツナガリ展ココログを見てみたんですけど、やっぱりよく意味がわからず…。先日、大学時代のサークルの友達と遊んでいるときにこのツナガリ展の話をしたんですけど、やっぱり「?」みたいな顔してましたねぇ…。他のブロガー達もこの先進的(!?)すぎる企画についていけないせいか、トラックバックとかコメントとか全然なくて寂しいし…。かたや、真鍋ココログは何か記事を書くたびにサクッとトラックバック3桁超えて盛り上がってるし…。

というわけで、景気づけにトラックバック。
檻感、について。」を読みましたが、これはどう見ても檻でしょう!仕事部屋が檻って…。よく、作品には潜在意識が現れるっていいますけど、やっぱりあれなんでしょうか。締めきりに追われて缶詰め状態で原稿に追われた経験がある人とかは、仕事部屋ってこういう風に写ったりするのでしょうか。そして、そんな展示をするニフティの中の人は、サービスリリース間近になると檻の中に入れられるがごとく仕事するのでしょうか(笑)

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ATOK17 for Mac OS X

 ATOK17 for Mac OS Xが今月の24日に発売されるらしい。もっと年末くらいかと思っていたのに、随分と早いなぁ。確か、前のバージョンが発売されたのが去年の11月くらいだった気がする。ってか、いっそのことWindows版と同時発売とかにしてくれないのかなぁ。Mac版を買う→数ヶ月後にはWindows版の次のバージョンが発売される→つまり、今自分が持っているのは前のバージョン、という事になって少しさみしい。えぇ、買いますけどね、好きだから。
 ATOKには、たくさん機能があって、案外みんな使っていなかったりする。変換中に「ctr + space」を押すと一覧表示ができたり、入力中に「Tabキー」を押すと変換候補が出てきたり。
 そうそう、ATOKの推測入力変換、もう少し強力にならないですかね。こう、携帯の推測変換みたいにどんどん変換候補が画面に出てくる、みたいな。現在は、数文字を打つと、前に入力した文字が出てくることもあるというレベルじゃないですか。あれを、一文字入力する旅に出てくるようにするという。もう、FEPにはゴテゴテと新機能を付けていって欲しいんですよ。よく、重たいとかいう人いるじゃないですか。FEPは軽くなれとか。でもよく考えてみてください。パソコンの機能は進化しているわけです。よく、パソコンは十分に早いからこれ以上速くなる必要がないとかいいますけど、嘘付くなと思いますね。ATOKの機能を何倍にも強化して、今よりも数倍重たくなっても耐えられるくらいの処理能力がないと。パソコンのハードウェア性能を活かしたアプリケーション、たくさん発売されて欲しいです。いいじゃん、重たいソフトと出会ったなら、新しいハード買えば。

 僕は、ジャストシステム製品好きなのでやっぱり初回特典に惹かれてしまいますねぇ…。今回はOSXにあわせたのか、スチール缶ですか…。仕事が忙しくて、発売日に買いに行けなそうだし今回はオンラインで購入するかなぁ…。僕は普段オンラインショッピングはあまりしないんですけど、Just MyShopは1年に一度くらい利用します。ジャストシステム製品って、ココ限定の商品が結構多くて…(ドクターマウスとか)。んで、いつもその課金方法を謎に思います。なんか、振り込み用紙が入っていて、それを使って後から支払うんですよ。つまり、後払い。珍しいんじゃないでしょうか、オンラインショッピングで後払いだなんて。なので、クレジットカードを持っていない僕でもいつも安心して楽に買い物ができます。オススメ。ドクターマウス以外にも、専門辞書セットとか。

 あー、あと、最近思うこと。UNIXユーザーとかemacsユーザーとかって、よくキーボードの十字キーにまで手を伸ばすのがめんどくさいとかって言ってますけど、そういう人に限ってATOKを使っていないので首をかしげます。特にMS-IME使っている人とかは、オイオイって思いますよ。例えば、Windowsでemacsを使おうとすると、ATOK使えないんですよ。だから、Windowsでemacs使うと強制的にMS-IMEになるわけですね(僕は回避方法を発見できませんでした。ご存じの方いらっしゃいますか?)。十字キーに手を伸ばすのをめんどくさがる人が、MS-IMEを使う理由がよく分かりません。ATOK的に言えば、一度入力した文章を何度も再入力したり辞書登録するのめんどくさいでしょ、とか思うわけです。ATOKだったら、推測変換してくれるし、二度目の入力は、Tabキー押せば候補が出てきたりするし。標準辞書がしっかりしているから、色んな固有名詞最初から一発で出してくれるし。変換窓(変換候補が出てくるウインドウ)の機能も全然違うんですよね。よく、変換効率という面でATOKが語られることが多いですけど、僕は機能の面でいつもATOKを選んでます。どうでしょうか、皆さんは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.11

続 コンタクト初体験記

 よく考えてみれば、眼鏡を四六時中付けるようになったのは、つい数年前の大学2年になったくらいからで、それ以前は必要な時にだけ付けるという生活を送っていた。が、なんだか知らないうちに眼鏡が当たり前の生活になっていて、顔の筋肉もそれになれてしまっていた模様。なんだか、顔の筋肉が微妙にけいれん(?)というかムズムズする。眼鏡を付けない生活を続けたら顔つきも少し変わるのかもしれない。
 それにしても、眼鏡がないのによく見えるというのにすっごい違和感。なんか、眼鏡を付けているような筋肉的錯覚に陥ってとても気持ちが悪い。まあすぐに慣れるのだろうけど、掛けてもいない眼鏡をの位置を直すためにはなに手を伸ばしそうになる。
 コンタクトを付けて花火を見たかったなぁ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

★☆★祝 コンタクト初体験☆★☆

contactlenze.jpg いやぁ、みなさん、コンタクトっていいですねぇ。最高ですねぇ。(「おまえ…、今更かよ…」って感じでしょうが…)
 コンタクトを付けて初めに思ったのが、「うっわぁ、写真の中の世界を歩いているみたい」って事です。もう、すっごくきれいな世界の中をさまよっている感じ。3Dゲームのキャラクタになった感じでしょうか。もう、何を見てもきれい。アスファルトの地面から土にいたるまで。眼科を出た時間がちょうど夕暮れ時で、電信柱に映る夕焼け色があまりにもきれいすぎて思わず立ち止まってしまいました。いや、もっときれいなこの世界を見たい!と思って、まっすぐ自宅には帰らず、ふらふらと一時間ぐらい近所を散歩したりして。
 例えるなら、初めて高級なヘッドフォンで音楽を聴いた時の感覚とでもいうのでしょうか。「今まで自分が聴いていた音って何?」といった感じでどんな音でもきれいに聞こえるという。
 あと思ったのが、肩の荷が下りた感覚。ふと気が付いたら肩にたまっていた血液がほぐれた感覚に襲われたんです。自分がどれだけ不自然に目と肩に力を入れていたかがわかります。

 というわけで、来週からは眼鏡レスでいきます!

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.06

Photo works in Kyoto

→見るkyoto_title.jpg


↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックな音楽を熱く語る(4)

 こんちゃーーーーす!!!!!
 ということで今週も張り切って曲を紹介していくぜぇぇぇ!!!!
 まずは最初に嬉しい情報!なんと!このコーナーを楽しみにしてくれている読者がいるらしい!!!うぉおお!!その期待を裏切らないためには今週はいつもより3倍とばして曲を紹介していくぞ!!!みんな準備は出来ているか!!ついてこられない奴は置いていくぞー!!!!!!!

 っと、その前にお知らせだ!Apple iTunes Music Stor(in US)は知っているか!?このサービス、米国在住者向けのサービスな訳だが、視聴するだけならば日本からでも可能だ!ということで、これから曲紹介をしていく時は、この視聴サイトへのリンクを張っていくので是非とも利用して欲しい!ただし、ここで一つだけ注意がある。視聴をするためにはアップルのサイトからiTunesというソフトをダウンロードをしてインストールする必要がある。もちろん、WindowsとMac両対応で無料だ!!この連載を楽しむためにも是非とも導入してもらいたい!ダウンロードはココから可能だ!
 ちなみに、今まで紹介した曲もバックナンバーの方にリンクを張っておいたから是非とも試聴して欲しい!バックナンバーはここから見られるぞ!


 それじゃ本題だ!
 みんな、音楽しているか!!??音楽とはこれすなわち「音」を「楽しむ」と書く!みんな、音を楽しんでいるか!!あくまで俺の主観だから間違っていたらごめんなさいだけれども、音を楽しんでいる人って少ないんじゃないかと思うんだ!みんなが音楽を聴いているときって純粋に音を楽しんでいるんじゃなくて、「リズム」とか「歌詞」とか「メロディー」とか「思い出」とか「懐かしさ」とか「流行」とか「情熱」とかまあその他色々な要素を楽しんでいることが多いんじゃないかって思う!特にジャパニーズな歌詞付きのポップな音楽を純粋に音だけで楽しむ事って凄い難しいと思うんだな!どうしても耳に歌詞が入ってくるし、色んな感情移入をしてしまう。別にそれが悪いって言っている訳じゃない!!!!!けど、たまには純粋に音を楽しむのもなかなか面白いって思うわけだ!というわけで、今回は音を楽しむ曲を紹介するぜ!!!
 ズバリ今日の一曲は「ラベル」の「ボレロ」だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 この曲はやばい。そして、面白すぎる。ただひたすら淡々と同じフレーズを淡々と15分間くらい繰り返していくだけの曲なんだ。しかも、そのフレーズも単純。その、単純な一回45秒くらいのフレーズをただただただ永遠と繰り返していくだけ。ただ、毎回楽器が変化していって色んな音を聴かせてくれる。この曲は最初、静かにスタートする。それが段々、段々、段々、15分間かけて盛り上がっていくんだ。楽器が増えていくんだ。そして、一番最後の最後の部分だけその繰り返しが変化するんだ。15分間続いた無意味な連続が最後に一回変化する。その変化はすべての楽器をつかって一気に変化する。そして、一気に終了する。
 ふう、思わず語っちまったぜ!これ、クラシックだから真面目に語りたくなってしまうけど、きっとラベルが現代に生きていたら我々はテレビで演奏されるボレロに対してこんなこと言ってしまうだろ。
「やってくれました、ラベルさん」
「ラベル、ボレロキターーーーーーーー!!」
「ラベル、頭悪すぎ(w」
「ボレロ…(ぷぷぷ」
 っていうかだ、昔の奴らは狂った奴多いとかと俺は思う!むしろ、最近のアーティスト達の曲の方がすっごく真面目で、普通で、堅苦しくて、形式にハマった曲が多いんじゃないかって思うことすらあるって思うのは俺だけか!!??
 ということで、下のリンク先から是非とも視聴して欲しい。試聴は数十秒間だけだけど、まあ、あれだ!その数十秒間が十数分間続くって考えてもらって間違いない!うわっ、超試聴に適した音楽じゃんボレロとかって!!!iTMSの為にラベルはこの曲を作曲したに違いない!!流石!!21世紀を見越した作曲家だぜ!!意味不明(ファインディング)ニモほどがあるからこれで今回の曲紹介は終わるぞ!!!!!
 というわけで、みんなもCD屋さんへゴー・ゴー・ゴーだ!!!!!!!!!!!

Ravel Bolero
試聴するにはiTunesが必要です(無料)。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.09.05

昨日は飲み会でした

 大学のサークルの知り合いと久しぶりに会いました。卒業してからそんなに時間がたったわけでもないのに、もう昔のところって感じでした。いや、在学中から昔のところって感じだったかも…。
 昔の友人と会うのはとても楽しいことですし、気分転換にもなりますが、やっぱり昔は昔ですね。宴が終わればまた別々のところへ散らばっていって、元の生活へ戻るわけです。その瞬間は楽しくても、結局人恋しい生活に変化はないわけです。かといって、昔の友人とどうこうすることにリソースを割くような余裕も気力も体力もなくて、「自分は今会社にいるんだなぁ」と思ったりしました。
 こういう風に思うのはもしかしたら自分だけなのかもしれませんが、「現在進行形の知り合い」以外は「友達」っていう感じがしません。「過去の友達」は「知り合い」なのかなと。
 なんだろう、やっぱり僕は今どっぷりと会社に浸かっていて、毎日仕事ばかりしていて、毎日コンピュータに向かっていて、そういう毎日を送っているわけですよ。今の僕の脳内リソースの大半はそれで、そんな僕とは全く違う世界で生活を送っている知り合いと一緒にいても、「なんか違う空気」が邪魔をしてなんか他人行儀。「今、一緒に同じ事をやっている。」なんだか、僕にはそういうのが必要なのかなぁと思いました。
 一度、「昔の人カテゴリ」になってしまった人と、元の関係に戻るのは難しくて、もし凄く大切な人がいるならば、そうならないように努力する必要があるのではないでしょうか。「一生知り合い」になることは簡単なことかもしれませんが(それも大変だけど)、「一生友達」って果たして可能なのか!?と思ってしまいます。

 っていうか!昨日の会話の内容を思い出してみると「仕事のこと」と「ココログ(ブログ)のこと」と「マックのこと」しか話してねーよ!!自分!!

 あー、久しぶりに会ってみたかった人がいたんですけど、いらっしゃいませんでした。残念。
P1010635.jpg

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記

人生をちょっと考えた。」を読んで、人生をちょっと考えた日曜日の午後。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

The new iMac G5

 「青って綺麗だなぁ」と思ったCM
iPodが馬鹿売れしているからか、iMac の CM なのに iPod が前面に押し出されてる。けれども、このiMac G5 の登場で、iPod の理想のイメージが具現化されたのかなぁと思った。iMac があって、いつでも取り外し可能な iPod がある。それらはシームレスに繋がっていて、まるで二つで一つであるかのようにみえる。ちょっと外へ出かけるとき、取り外して(Pod)ポケットへいれればいい。

 このビデオにアップルのメッセージが全部こもってる。写真、ビデオ、音楽、全部を簡単に楽しくウキウキさせてくれる。たったひとつiMacがあれば。

 一つのハードウェアとしてもとても魅力的で、誰にでもお勧めできるコンピュータだと思う。乗っているCPUはG5の1.6G、1.8Gで十分すぎるほど速い。僕が今使っているiBook G4 800Mですら充分なのだから、その2倍以上早いiMacで不満が出るわけがない。液晶モニタも17インチと20インチ。このサイズで不満に思う人はまずいないだろう。そしてとても省スペースだ。机の上にモニタを置くだけで良いのだから。ノートパソコンも良いかも知れないけれども、20インチの液晶モニタで優雅にコンピュータに向き合うのもなかなか楽しくて素敵なことだと思う。そして、何よりも値段が安い!15万〜23万で手に入る。「マックは高い…」とか言っている人を見るたびに「ああ、この人は時代遅れなんだな」と思ってしまう。Apple Storeへ行って値段を見て欲しい。これでも高いって言いますか?

 このiMac G5 はWindowsを捨ててMacへ移行するには絶好のチャンスだと思う。僕は昔Windowsを4年間くらい使ってきて、Macへ移行したけど、困ることってあんまりない。逆に、今更Windowsに戻った方が困ることが多いくらい。よく「自分はWindowsに馴れているから…」と言う人がいるけど大丈夫。最近じゃ「最近のMacはWindowsっぽすぎる」と昔ながらのMacユーザーに愚痴られるくらいWindowsとの親和性が高い。そして、Windowsより使いやすい。美しい。カッコイイ。なにより、最近はコンピュータを使っていてとっても楽しい。MDを捨ててiPodへ移行して、音楽と接するのが楽しくなりませんでしたか?同じことだと思います。みなさんもWindows捨ててハッピーなコンピュータライフを送りませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩飯

 今日はいつもと違う人と晩飯を食べた。いろいろと衝撃的な話題が出て、ビックリなひとときでした。


--- 学んだこと ---

女はこわい。
特に、集団バージョン。

いや、今日になって始まったことではないんですけどね。
なんだか最近、こう思うことが多いのは気のせいですかね。


P1010710.jpg

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.02

適当に。

(for 高校の知人)
 そろそろ、皆さんの顔を見たいです。遊びませんか?9月末に連休があるじゃないですか。あのあたりはどうですか?ってか、皆さんはこのサイト見ているんですか?ってか、皆さんは生きているんですか?謎です。

ということで、最近の人付き合いが会社の同僚ばかりでプチ懐かしい症候群にかかってみるふりをしてみるテスト。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »