« 昔の自分へ100万回の突っ込みをする(7) | トップページ | コンビニ »

2004.12.13

昔の自分へ100万回の突っ込みをする(8)

(小学校2年生の時の文集:ひらがな、漢字、誤字脱字は全て当時のママ。赤字は現在の自分の突っ込み)


だい:おきて学こうにいくまで

おきておふとんのなかで、おかあさんに、
「20ぷんまでに行。」
といいました。
おかあさんは、
「たまには、はやくおきなさい。」
いいました。
それから、ぼくは、おふとんの中で本を見ていました。学けんの本です。
(本なんか読んでないで早く起きろよ!!)
読んでいたら、おかあさんが、
「おきなさい」
といいました。
20分は、とっくにすぎていて30分でした。
(この頃からマイペースだったのね、、)
ようふくにきがえて、下に行きました。
ごはんを見ると、昨日のあまりでした。
(この作文を先生に提出したことを知った母親は赤面したらしい)
あと、なっとうとふりかけでした。一ぱいおかわりをしました。
なふだをつけて学校に行きました。おかあさんは、
「はやく、いきなさい。」
といいました。
ぼくは、
「はしっていく。」
といいました。
(走って通う生活習慣は未だに変わっていない)
きょうは、ときどきあう、●●くんとは、あいませんでした。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« 昔の自分へ100万回の突っ込みをする(7) | トップページ | コンビニ »

ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/2248511

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の自分へ100万回の突っ込みをする(8):

« 昔の自分へ100万回の突っ込みをする(7) | トップページ | コンビニ »