« Nintendo DSを買った。 | トップページ | スーパーマリオUSAの謎を解く »

2005.11.15

一人暮らしをする理由がなくなってしまった…

今まで苦痛でしかなかった往復2時間以上の通勤時間が、楽しみの時間になってしまいました。
DS楽しい。

本当にですね、通勤時間が楽しみなんですよ。

今更なんですが、ゲームがポータブルで切るなんて凄いですね。
何で今まで気づかなかったんだろう。
こんなに大好きなゲームがいつでもどこでも出来るなんて、、

僕のポータブルゲームの歴史はゲームボーイ(初代)→ゲームギアで止まってた。
しかもこれらは家で使っていたから、全然ポータブルしてない。
つまり!僕は人生で一度もゲームをポータブル利用していないと言うことに今更ながらに気がついた!!

うーん、何でもっと早く気がつかなかったのだろうか…。

ということで、ゲームをポータブル利用しているわけですが、

早く会社に行きたい。
早く明日にならないかなぁ。
DSやりたい。

でもって、帰宅時間も楽しみなんですよ。
早く帰りたい。
早く会社終わらないかなぁ。

もう、仕事中はDSのことしか頭にありません。

思わず、仕事で書いているプログラムのコードの変数名に
my touch;
とか
var touch;
とか
int touch;
とかしたくなるくらいに!!!(嘘)

でもまあ、仕事中DSのことばかり考えているのはもう間違いなく、なんのソフトを買おうかどうしようかと心躍る感じです。
DSの壁紙探したんだけど発見できなかった…、残念。

んで、今日の帰り道に中古のゲーム屋を回ろうとしたら全部閉店していやがる…。
会社の近くのBookOFFも閉店しているし秋葉のトレーダーも閉店している。。。

んで、まあ、それでも何件か廻って2本ほど買ってきました。

まずは
ミスタードリラーのDS版!
ミスタードリラー、やってみたかったんだよね。
というかですね、正直なところミスタードリラーはドリキャス版を持っているんですよ。
でも、家で自分の部屋で腰を落ち着かせてやるようなゲームじゃないんですよねぇ
ということで、買ったは良いもののほとんどやっていないんです。
しかし!!DSなら電車の中でも出来る!!
ということで、まさに通勤用ゲームに最適なわけです。
そして通信対戦もできるのが良い感じ。
ドリラーを一緒に対戦しようぜ。
ミスタードリラー ドリルスピリッツ
ミスタードリラー ドリルスピリッツ


もう一個はこれ。
スーパーマリオアドバンスです。
このソフトは僕にとって思い入れが深いというか、謎なソフトでして。
昔、僕の家にはツインファミコンがあったんですよ。
ディスクシステムです。
そのディスクシステムのソフトでこのスーパーマリオUSAのマリオじゃない奴があったんですね。
面構成とかまったく同じなの。でも、アラジンとかそんな謎なキャラが主人公。
で、そのころにやっていたんですけど、小学生だったこともあってちゃんとクリアしていないままタンスの中にしまわれてしまったんです。
で、一度このゲームちゃんとクリアしてみたいなぁと10年間くらい思い続けていたというわけです。
んで、ついに10年来の夢が叶って今日購入しました!!
クリアするぜ!
早速今日の帰り道でプレイしてみましたが、昔なつかしという感じで最高です。
スーパーマリオアドバンス
スーパーマリオアドバンス


DSはタッチが出来て最高なんですが、2Dアクションゲームが充実しているのが良い感じです。
2Dアクション大好きなんで。
アクション以外にも2D系で面白そうなのがいっぱいあるので、集めて楽しみたいところ。

一番やりたいのがポケモンなんだけど、どうなんだろう。
DS版でないかなぁ。
出たらやりたいなぁ。
アドバンス用でも良いんだけど、通信が出来ないからちょっとためらいがある。


いやぁ、任天堂は面白いなぁ。
流石だ。

ということで、一人暮らしをして会社の近くに住んだらこんなに楽しいDSを通勤途中で出来なくなってしまうので、まだしばらくは自宅通勤にしようと思うこの頃でした。

ちゃんちゃん。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« Nintendo DSを買った。 | トップページ | スーパーマリオUSAの謎を解く »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/7115551

この記事へのトラックバック一覧です: 一人暮らしをする理由がなくなってしまった…:

« Nintendo DSを買った。 | トップページ | スーパーマリオUSAの謎を解く »