« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月の13件の記事

2006.06.25

ゲームセンターCX

この前、ゲームやさんで流れていた番組があって、それがゲームセンターCX。
ちょっと立ち止まってみていたら、これがとても面白くて、いやぁ全部見たいなぁって思って調べたらDVD化されていた。
どんな内容かというと、ファミコンのゲームをひたすらプレイしていくだけなんだけど、これが何ともいえずに面白い。
チョイミスを繰り返したり、何度もくじけずに挑戦を続けたりとそのあたりが面白いし、実際にプレイしている人が面白いんだなぁ。
DVD欲しいなぁ。どうしようかなぁ。

ゲームセンターCX - Wikipedia

ゲームセンターCX DVD-BOX
ハピネット・ピクチャーズ (2005/12/23)

ゲームセンターCX DVD-BOX 2
ハピネット・ピクチャーズ (2006/06/23)


↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.22

デスノートDSとか発売されたら面白そう。

今日昼休み、冗談交じりに思いついたんだけれども、よく考えてみたら凄く楽しそうだ。

あなたはDSの世界でキラになって、清く正しい秩序を取り戻して下さい。
その世界には悪人が沢山います。
さぁ、DSのタッチペンを握りしめ、悪人の名前をDSのスクリーンへ書き込んでください。
殺したい人間の名前を書き込めば、心臓発作で殺せます。


すごい。
DSのタッチスクリーンをデスノート化。

とても楽しそうだけど、凄く怖いゲームだな。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.18

暴想ゴルフ?

僕が房総半島(房総半島 - Wikipedia)で生まれたのは、必然だったのかもしれない。

060302_233801_1


↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビックリ。ヽ( ・∀・)ノくまくまーさんが本を出すらしい。

きっと、僕の周りの数名しかわからないネタだろうけど…。

Rails関係を調べていると、Googleで高確率でヒットする、ヽ( ・∀・)ノくまくまーさんがRailsの本を出すらしい。

本当に失礼だけれども、びっくりだ。

いやぁ、凄い人だなぁとは思っていたけれども、本の中にも「从*’w’) クゥ〜ン♪クゥ〜ン♪」とか登場するのだろうか。
本の中でも、こんなノリノリの文体なのだろうか。
ヽ( ・∀・)ノくまくまー(2005-12-28)

タイトルが「優しいRailsの育て方」なだけあって、期待を禁じ得ない。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.17

クラブニンテンドー 新プレゼント登場。

クラブニンテンドー 新プレゼント登場。

どんなに任天堂が好きであろうとも、どんなに擁護しようとしても「びみょー」としかクラブニンテンドーのプレゼントは言いようがなかった。
んなプレゼントが、今回大幅にバージョンアップした。
まあ、そこまで素晴らしいものでもないけれども、以前よりはかなりマシになったんじゃないかな。
僕は、「ゲーム&ウォッチコレクション(500ポイント)」を狙おうかと。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

スターコインを全部集め終わった。

ニュースーパーマリオブラザーズは、各面に3つずつスターコインというのが散らばっていて、別に無視していてもクリアできるけど、集めると少し嬉しいみたいな作りになっている。
で、このスターコインは、わかりにくいところにあったり、特殊なことをしないと取れなかったりして、少し工夫が必要。

ニュースーパーマリオブラザーズの宣伝文句で「誰にでもできる新しいマリオ」とあるように、このゲームは誰でもできるし誰でも楽しめるようになっている。
そのせいか、ゲーム好きな人には少し物足りない感がどうしてもある。
その問題を解決してくれるのが、このスターコインなんじゃないかなぁ。
ということで、簡単すぎるんじゃないって人は、スターコインのコンプリートを目指してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、一度でも過去にマリオシリーズをプレイしたことがあれば懐かしいと思わせるような仕掛けがたくさんある。
1の要素として、ゴールが旗だったりする。
3の要素として、ハンマーブロスがマップを歩き回っている。
4(ワールド)の要素として、ハナチャンとかが出現してくる。あと、溶岩の上を動く床とかも似ているかな。
64の要素として3角飛びが出てくる。
スータの無敵状態の時の音楽が、ヨッシーアイランドと同じ。

他にも色々あると思うけど、まあ、本当に戦略的にうまく練り上げられたゲームだなぁと思う。
難易度も絶妙だと思う。
これ以上難しくしたら、みんなできなくなっちゃうし、これ以上簡単にしたら、簡単過ぎちゃうし。

ということで、何が言いたいかというと、オススメです、ということで。




↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

岩田社長

先日、「任天堂株式会社 経営方針説明会」が行われて、そのオフィシャルムービーが配信されている。

任天堂株式会社 経営方針説明会

ここ最近任天堂は、こういった発表会の模様をビデオ配信している。
アップルもよくこういう事やっているけど、やっぱり良いことだと思う。
会社がオープンに見えるし、会社が何やりたいのか、社長が何を考えているのかがよくわかる。

というわけで、今をときめく任天堂岩田社長のプレゼンテーションがたっぷり1時間30分見られますので、全てのビジネスマン、ビジネスウーマンの方は必見です。

岩田社長は相変わらずPowerBookを使っているみたいで、もちろんプレゼンソフトはKeynoteだった(グラフ機能とかが明らかにキーノート)。
素晴らしい。

で、相変わらず岩田社長はプレゼンがへたくそ(っていうか、しゃべるのが苦手…?)だけれども、言っていることは理路整然としていて、論理的で、きちんと調べた統計データを元にわかりやすく日本語でしゃべってくれている。
あぁ、任天堂は信頼のできる会社だな、ということで、これからも安心して株投資ができることを確信した。

ちょうど同じ時期に、ソニーのプレステ作っている会社の社長がインタビューを受けていた。
コンフィギュレーションが可能なPLAYSTATION 3
〜SCEI 久夛良木健氏インタビュー(1)

ビジネスモデルを変革するためのPS3の価格戦略
〜SCEI 久夛良木健氏インタビュー(2)

PS3は「e-Distribution」のためのプラットフォーム
〜久夛良木健氏インタビュー(3)

もはや、どっちが正しいとか間違っているとか考えるだけ時間の無駄だと思う。
というか、それ以前の問題だ。


岩田社長が言っていた台詞の中で、一番印象的で一番大切だったのがこれ。
「技術の進歩を従来路線とは異なる方向で活用」
・技術が進歩したから、豪華にするのではなくて、省電力でコンパクトにする。
・インターネットが普及したから、常に繋がっているようにする。
・ただ対戦とかをするのではなくて、シェア、協力できるようにする。

全ての分野でいえることだし、みんなが常に念頭に置いておくべきセリフだと思う。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴想 SNS

ログインページがこれ。
暴想 SNS

今日は暇だったので、ログインページをカスタマイズしてみた。

ぱっとみ、ソネットのサービスだとはわからない感じ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・so-net SNS体験記 - so-net SNSは超高機能!

前回の記事(暴想: so-net SNSに申し込んでみた。)を書いたあと色々とso-net SNSを触っていてわかってきたことがあります。
本当に、so-net SNSは高機能です。

例えば、so-net SNSにはランキング機能があります!
Sonet_ranking_1

アクセス数が一番多いメンバーとか、コミュニティーとかが一目瞭然!!!
・・・・、僕が虚しく一位にランクインしているだけなんだけどね…。
Sonet_ranking_only


so-net SNSにはamazonアフィリエイト機能が付いています!!
自分のSNS内で商品のレビューとかが付くと、自分(SNSオーナー)のamazon アフィリエイトIDが自動的に付与する仕組み。
つまり、ガンガンレビューとか書いてアフィリエイトの収益でうっはうっはさ!
リンク踏むの僕だけなんだけどね…。


so-net SNSには、「デイリーニュース」とかいう、毎日メールをメンバーに送る機能が!!

━━ http://boso.so-netsns.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━

暴想 SNS

本日の最新情報・新着ランキング [2006. 06. 08/Thu]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(中略)

▼暴想 SNSのデイリー・ニュースとは?

 あなたのマイフレンドからの最新情報や、参加コミュニティの書き込み
 情報など、毎日の更新情報をメールでお知らせします。

▼暴想 SNSのデイリー・ニュース 配信停止はこちらから
 → http://boso.so-netsns.jp/?m=pc&a=page_h_config


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!

暴想 SNS
URL     : http://boso.so-netsns.jp/

こんな感じのメールが毎日もれなく届いてきて、SNSを盛り上げてくれる!!凄い!!
うん、本当に凄く虚しいよ…。


ここまできて、気が付きました。
このままではいけない、と。
ということで、暴想 SNSを盛り上げるべく、スパムのごとく友達に招待メールを送りつけている今日この頃です。
参加メンバーもちょっとだけ増えてきました。
ということで、暴想 SNSに加入したいとか思ったりしちゃった方は僕の個人メール当てにその旨送ってくれればいつでも招待しますからーー、ぜひーーー。


↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

so-net SNSに申し込んでみた。

so-net SNSは、一言で説明すると、誰でもSNSサービスを作ることができるもの。
つまり、誰でもmixiが作れるみたいな感じ。

で、感想。

砂漠の中にひとりぼっち…。


すごいんですよ、so-net SNSは。
もう、何でも設定できる。
自分がmixiの管理者(サービス提供者)になったような感じで、メンバーを強制的に削除したりもできるし。

で、早速自分のSNSにログインしたんですよ。
もちろん、僕専用のSNSなので、その世界にはまだ僕一人しかいません。
友達リストも空です。
ふと、上のメニューを見ると「コミュニティー」って項目があります。
寂しくなった僕はコミュニティーに助けを求めようとクリックしてみました。

・・・・・。
Sonet_sns


そうなんです、僕専用のSNSで、まだ僕一人しかいませんから、コミュニティーも誰もいません。
いるわけがないんです。
ユーザー数が1人のmixiにコミュニティーがあるわけありません。

そ、、、そうか、、SNSが作れるってこういう意味だったのか、、、ということを身をもって体験しました。


そして、もう一つ。
so-netの開発者の方から、オーナーズSNSっていうのに招待されました。ようは、so-net社員がso-net SNSで作ったSNSなわけです。

そこに登録しました。
めでたくオーナーズSNSにアカウントが作成されました。
。。。
???
そうです、新たなmixi(みたいな世界)がそこに広がっています。
オーナーズSNSの僕のマイページにはまだ日記も書かれていません。
さっき書いてみた日記は、自分専用のSNSに書いたのであって、オーナーズSNSには書いていないのです。
設定したプロフィールも書いてありません。さっき設定したのは自分のSNSであって、オーナーズSNSではないのですから。

そして、オーナーズSNSにはなにやらコミュニティーがあります。
そこに登録します。
ふと、自分のSNSに戻ります。
コミュニティーはありません。

、、、なんだかこの辺りで頭が混乱してきました。
僕はいったいどのSNSにいるんでしょう。
僕はいったいどのSNSで日記を書けばいいんでしょう。
僕はいったいどうなってしまうのでしょう。


この辺りで気がつきました。
so-net SNSはSNSを破壊するために作られたのではないか。
SNSを世の中に増幅させ、人々をSNSパニックに陥れてSNSとは何かがわからなくなって、でSNSを終演させるという。

so-net SNS恐るべしです。


ちなみに、so-netの無料会員登録のところにいくつか罠がありますので注意してください。
ユーザーIDを自分で記入しますが、so-netのシステムが自動的に@fgみたいな文字列を追加してきて、それが正式なIDになります。
最終確認画面で出てくるだけなので見過ごしてしまいがちです。
それがわからないと、so-net SNSにログインできません。

恐るべし、so-net。 

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.07

米国人と会話をして思ったこと

つい先日、米国人な方とコミュニケーションをとる機会がありました。
で、気がついたと事がいくつか。

・こっちから話しかけると、英語ができるやつだと勘違いされて、凄い勢いで応答される
・しゃべるのは簡単だけど、相手が何言っているのかいまいちよくわからない

この2つのことによって、僕から笑顔で話題を振っても、その返答を何いっているのかよくわからないで、にこにこしながら聞き流すという状態でした。
で、相手が何言っているのかよくわからないで、向こうの応答を無視して一方的にさらなる話題を返しておきました。
そして、それ以上深く関わり合いを持つと危険だと思ったので、逃げ出した。

ふっ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.01

ニュースーパーマリオブラザーズの公式攻略サイト

New スーパーマリオブラザーズ

任天堂がオフィシャルで攻略ページを作ってる。
下手なインターネット企業よりもインターネットを熟知している任天堂だけあって、その攻略サイトもWebの最新トレンドを活用している(大げさ)。

見て貰えばわかるとおり、Google MapのようにドラックできるUIで自由に拡大縮小できてわかりやすい。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年を取ってわかったこと。

まあ、僕自身が大人かどうかはともかくとして、まあ、仮に大人だとしよう。させてくれ。

大人は偉くないし、お金を稼いで働いていることも偉くないし、まあ、子供の頃に言われてきた沢山の「大人だから…」ってセリフは大抵っていうか全部嘘って言うか信用ならないというか賛同できないなぁ、という話。
終わり。

これは予想だけど、年寄りが偉いというのもとんでもない嘘だな。
これはあと僕が50年くらい生きたら実感できるだろう。

あと、まだ僕は結婚もしていないし、もちろん子供もいないからこういう事を言うのもアレだけど、親は偉くない。
一体全体どうしたら子供に「誰のおかげで…(以下省略)」とか「親は偉いから…(以下省略)」とかいえるのだろうか。
まったく持って不可思議だ。
少なくとも僕の知り合い全てにおいて、子供のために子供を産んでいる人なんて一人もいない。
みーんな、自分が“欲しい”と思って生んでいる。
まあ、欲しくないのに生まれちゃうケースもあるけど、それも“子供のため“じゃないよね。

まあ、つまり、自分が欲しくて、自分の意志で生んだんだから、子供にえばってわかったような顔して上記のような台詞は吐きたくないものだと常々思うわけだ。

偉いやつは年齢に関係なく偉いし、凄いのであって、年齢とか親だからとかそんな理由で偉くなったりはしないわけだ。
人間はすぐに立場が上になると、偉ぶって一方的に独裁的に支配したくなる欲求を生みやすい。
よく、独裁者を人は非難するが、そんなことはない。

学校のいじめられっ子も、一歩立場が変わればいじめっ子になる。

あれ、話がそれたな。
話がそれたついでに。

今日テレビで教員がこんな台詞を吐いていた。
「一般社会で認められていないことを学校だからという理由で許すわけにはいかない」
まあ、ちょっと違うけどそんな感じの。
いやはや、人間は一歩間違うとあらゆる理由を付けて人を支配したがるとはこのことだと思った。
だったら、一般社会で認められていることを認めてからそういうことをいって欲しいものだ。
人が人を支配する時の論法でよく使われる手だ。
前提条件が全然違うのに、
「Aでは禁止されている、Cでは禁止されている、だからここ(Z)でも禁止する」
とか言う論法を使う。
で、よーくみてみると、AやCで許可されていることもZでは禁止していたりする。

権力者の支配とはまったくもって恐ろしい。

さっき見たその教員のテレビがまさにそうだ。
学校は3権が分立できていない。
学校は勝手に法律を作り、勝手に取り締まり、勝手に裁判をして、実行判決を下す。
恐ろしい。
そして、会社員は労働法によって会社から守られているけれども、学生は特別法律に守られているわけでもない。
恐ろしい。
まさにその教員がいっていたとおり、「一般社会の掟」で運用して欲しいものだ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »