« Blog Tattooでいくつかコメント | トップページ | ニュースーパーマリオブラザーズの公式攻略サイト »

2006.06.01

年を取ってわかったこと。

まあ、僕自身が大人かどうかはともかくとして、まあ、仮に大人だとしよう。させてくれ。

大人は偉くないし、お金を稼いで働いていることも偉くないし、まあ、子供の頃に言われてきた沢山の「大人だから…」ってセリフは大抵っていうか全部嘘って言うか信用ならないというか賛同できないなぁ、という話。
終わり。

これは予想だけど、年寄りが偉いというのもとんでもない嘘だな。
これはあと僕が50年くらい生きたら実感できるだろう。

あと、まだ僕は結婚もしていないし、もちろん子供もいないからこういう事を言うのもアレだけど、親は偉くない。
一体全体どうしたら子供に「誰のおかげで…(以下省略)」とか「親は偉いから…(以下省略)」とかいえるのだろうか。
まったく持って不可思議だ。
少なくとも僕の知り合い全てにおいて、子供のために子供を産んでいる人なんて一人もいない。
みーんな、自分が“欲しい”と思って生んでいる。
まあ、欲しくないのに生まれちゃうケースもあるけど、それも“子供のため“じゃないよね。

まあ、つまり、自分が欲しくて、自分の意志で生んだんだから、子供にえばってわかったような顔して上記のような台詞は吐きたくないものだと常々思うわけだ。

偉いやつは年齢に関係なく偉いし、凄いのであって、年齢とか親だからとかそんな理由で偉くなったりはしないわけだ。
人間はすぐに立場が上になると、偉ぶって一方的に独裁的に支配したくなる欲求を生みやすい。
よく、独裁者を人は非難するが、そんなことはない。

学校のいじめられっ子も、一歩立場が変わればいじめっ子になる。

あれ、話がそれたな。
話がそれたついでに。

今日テレビで教員がこんな台詞を吐いていた。
「一般社会で認められていないことを学校だからという理由で許すわけにはいかない」
まあ、ちょっと違うけどそんな感じの。
いやはや、人間は一歩間違うとあらゆる理由を付けて人を支配したがるとはこのことだと思った。
だったら、一般社会で認められていることを認めてからそういうことをいって欲しいものだ。
人が人を支配する時の論法でよく使われる手だ。
前提条件が全然違うのに、
「Aでは禁止されている、Cでは禁止されている、だからここ(Z)でも禁止する」
とか言う論法を使う。
で、よーくみてみると、AやCで許可されていることもZでは禁止していたりする。

権力者の支配とはまったくもって恐ろしい。

さっき見たその教員のテレビがまさにそうだ。
学校は3権が分立できていない。
学校は勝手に法律を作り、勝手に取り締まり、勝手に裁判をして、実行判決を下す。
恐ろしい。
そして、会社員は労働法によって会社から守られているけれども、学生は特別法律に守られているわけでもない。
恐ろしい。
まさにその教員がいっていたとおり、「一般社会の掟」で運用して欲しいものだ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« Blog Tattooでいくつかコメント | トップページ | ニュースーパーマリオブラザーズの公式攻略サイト »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/10352274

この記事へのトラックバック一覧です: 年を取ってわかったこと。:

« Blog Tattooでいくつかコメント | トップページ | ニュースーパーマリオブラザーズの公式攻略サイト »