« 幕張は人大杉 | トップページ | cocolog_ajax_search.jsの致命的な不具合を修正 »

2006.08.15

Rubyで開発をするならMac OS X

まあ、今までもそうだったけれどもこれからはその色合いが公式的にも強くなるっぽい。

まず、RubyCocoaがMac OS X Leopardにバンドルされることになった
つぎに、Ruby on Railsもバンドルされるようになった
Objective-Cもガベージコレクションに対応するようになった。
んでもって、XcodeもRubyに対応するようになったらしい。

あと、macにはTextMateもある。
TextMate — The Missing Editor for Mac OS X

まあ、rubyの開発なんてviで十分という人も多いかもしれないけどね。
ってか、rubyはワンライナーでしか使いませんとか言う人にも関係ないね。

この記事August 2006 | HMDT Journalによると、

まず、Cocoaのセッションに行ってみる。あぁ、Ruby持ち上げられまくってるよ。さりげなく、Javaはダメ出しされまくってるよ。Apple手のひら返しまくり。

らしい(笑)。
まあ、Rubyもある日突然縁を切られる可能性も高いってことなんだけどねぇ…。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« 幕張は人大杉 | トップページ | cocolog_ajax_search.jsの致命的な不具合を修正 »

ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/11445341

この記事へのトラックバック一覧です: Rubyで開発をするならMac OS X:

« 幕張は人大杉 | トップページ | cocolog_ajax_search.jsの致命的な不具合を修正 »