« Googleでさえ、YouTubeを買収しようと思うのか。 | トップページ | 時代は音波だ。みんなも、音波式電動歯ブラシを使おうぜ。 »

2006.10.08

ららぽーと豊洲に遊びに行ってきた

電車に乗っていたら広告を見て、「へぇ、ららぽーとって船橋だけに存在するローカル施設なだけじゃないのか」とおもって、興味を持ち遊びに行ってみることにした。

アーバンドック ららぽーと豊洲

で、早速Webサイトを調べてみたらトップページに「銀座から6分圏内」ってかいてあったから、「へぇ、、豊洲って銀座からそんなに近かったっけ?」と思って、なるほど、銀座から6分なら有楽町あたりから歩いていって、アップルストアでも眺めつつ散歩がてらいけるな、と思って計画を練った。

Toyosu

で、まあ、何とかなるだろうと言うことで地図も用意せず、JR有楽町駅から銀座交差点を目指して取りあえず歩いてみた。そうしたら、銀座交差点で豊洲の看板を見つけたのでそっち方面に歩いてみることにした。

6分くらいなら、すぐだろうと思って歩いてみること数十分。
まだららぽーとらしきものは見えない。
なんと言っても200店舗近くある商業施設だ。目立つはずだ。

看板を見ると、豊洲はこの先と永遠に書いてある。歩いても歩いても、豊洲にたどり着けない。

そうしたら、ららぽーとの看板をようやく見つけた!

ららぽーとはこの先2.1km先


、、、。
おかしい、6分圏内で、2.1km先とはこれいかに…。。。
2.1kmって、普通に歩いたら30分くらいかかるぞ、、ってかすでにここまで30分以上歩いている気がする…。。。

今改めてららぽーと豊洲のWebサイトをチェックしてみたら、どうやら「車」とか「電車」で6分圏内という意味っぽい…。。。

まあ、確かに、どこにも徒歩で6分とは書いていないな…。。。。


んで、まあ、どうしようもないから頑張って歩いてららぽーと豊洲に無事到着。

で、正面玄関らしきところから入ってみる。
そうすると、スーパーマーケットがあった。
どうやら1階はスーパーマーケットらしい。
入り口のすぐそばにエスカレーターがあったから2階を目指す。
2階はスポーツジムだった。

うーむ、ららぽーとといったら洋服屋さんとか食べ物屋さんがたくさんある施設のはずだけれども、どうも様子が違う。
そうか、これは3階からが本当のららぽーとだな、と思ってそのままエスカレーターの流れに沿って3階に行く。

駐車場だった。。。。。

このららぽーとの構造的欠陥による罠を文章で説明するのは非常に難しいのだけれど、頑張ってみる。

ららぽーと豊洲は大きく2つの建物で構成されている。で、一方はスーパーマーケットとかスポーツジムがある別館で、奥の方に(いわゆる総合商業施設である)本館がある。
でもって、電車とか徒歩とかで来ると、別館が手前にあるから思わず入ってしまうような構造になっている。
で、別館の2階に本館への連絡通路があるのだけれども、看板とかが存在しないため、そのまま3階の駐車場に間違えていってしまうというわけだ。

で、これが本当におもしろくてたまらない。
2階の連絡通路からエスカレーターを眺めていると9割くらいの人たちが間違えて3階の駐車場に直行している。で、みんな3階についてから間違えに気づいて2階に戻ってきている。

だから、あーあのピンク色のシャツの人が今3階に言ったけど、すぐに2階に下りてくるぞ!!と思って観察していると、やっぱりすぐ2階に下りてきて、それがおもしろいのなんの。

3階でも眺めていたけど、若いギャルが「なにここ!!スーパーとジムしかないじゃん!!」とかとぼやいていた。

もうこれは明らかに設計ミスから来る構造的欠陥だ。
9割くらいのお客さんが間違って駐車場に行ってしまうのだから。

しかし、ららぽーと豊洲がこの構造的欠陥を改善しようとする努力をしてもいいのではないだろうか。
例えば以下のような工夫をすることにより、多くのお客を間違えて3階に行かせてしまうことを防げる。
・2階から3階のエスカレーターの向きを逆にする
 つまり、1階から2階に来たお客がそのまま3階に向かえないようにして、3階に生きたいときは、反対側のエスカレーターを使わないといけないようにするわけだ。1階から3階に直行したい人はそこまで多くないし、荷物が多い人はエレベーターを使えばいいわけだから問題はない。何よりもこの工夫は即日じっこうできる上に、コストがゼロだ。

・2階のエスカレーターを上ったところにわかりやすく、「本館へ行く場合は、右手へ直進してください」と大きくわかりやすい看板を作成する

・そもそも別館の入り口に「ここは別館です。本館は奥の方です。注意してね。」ってかいておけばいいだけだ。直接本館の入り口からお客が入るように誘導すればいいはず。だいたい、本館と別館の連絡通路が狭くて、階段があるし、とても不便でストレスがたまるのだから。

ららぽーと豊洲の社員は、別館の3階のベンチに一日座って、お客がどれだけ困っているかどうかを勉強し、反省し、至急対策を練ってもらいたいところだ。


んで、ららぽーと豊洲自体については、いい施設だと思った。映画館も主張するとおり、広くて綺麗で見やすい。家具的なお店(ベットとかソファアとか、机とか)も多いし、都内にもかかわらずこれだけ広くて綺麗で見やすいのは他にないだろう。
僕の価値観から勝手に順位をつけるならば、イクスピアリ・六本木ヒルズ・表参道ヒルズ・お台場の4つに比べ、ららぽーと豊洲はぶっちぎりダントツで1位だ。だからこそ、別館のわかりにくさをどうにかしてもらいたいところ。

ちなみに、ららぽーと豊洲は海に面しているから、夕方から夜にかけては景色が結構綺麗。
公園に面していて、夜はレインボーブリッジを見ながら夜景も楽しめる。

まあ、1度くらいは来てもいいと思うし、映画利用目的で何度も来てもいいかもしれない。


せっかく長文を書いたから、ららぽーと TOKYO-BAY お問い合わせから問い合わせてみた。もしかしたら気づいていないだけかもしれないし。


ご担当者様

ららぽーと豊洲について、意見を送らせていただきます。施設の運営方針のご参考にしていただけたらと思います。

さて本題ですが、ららぽーと豊洲は大きく2つの建物で構成されています。一方はスーパーマーケットとかスポーツジムがある別館で、奥の方に(いわゆる総合商業施設である)本館です。

ここで問題があります。それは、多くのお客が間違えて別館3階の駐車場へ行ってしまうという問題です。
電車や徒歩で訪れると、別館が手前にあるため、まず最初に別館の方へ思わず入ってしまうような構造になっています。そのため、別館の2階に本館への連絡通路がありますが、看板などが存在しないためか、そのまま3階の駐車場に間違えていってしまいます。

実際に、2階の連絡通路からエスカレーターを眺めていると9割くらいの人たちが間違えて3階の駐車場に直行しています。そして、全員3階に着いてから間違えに気づいて2階に戻ってきています。
3階でその様子を眺めていますと「なにここ!!スーパーとジムしかないじゃん!!」とかとぼやいていているお客もいました。
これは明らかに設計ミスから来る構造的欠陥だと思われます。
9割くらいのお客さんが間違って駐車場に行ってしまう状況だからです。
そこで、例えば以下のような工夫をすることにより、多くのお客を間違えて3階に行かせてしまうことを防げると思います。
・2階から3階のエスカレーターの向きを逆にする
 つまり、1階から2階に来たお客がそのまま3階に向かえないようにして、3階に生きたいときは、反対側のエスカレーターを使わないといけないようにするわけです。1階から3階に直行したい人はそこまで多くないし、荷物が多い人はエレベーターを使えばいいわけで問題はないと思います。何よりもこの工夫は即日実行できる上に、コストがかかりません。
 
・2階のエスカレーターを上ったところにわかりやすく、「本館へ行く場合は、右手へ直進してください」と大きくわかりやすい看板を作成する

そもそも別館の入り口に「ここは別館です。本館は奥の方です。注意してください。」と書いておけば問題がないと思います。直接本館の入り口からお客が入るように誘導すればいいはずです。そもそも、本館と別館の連絡通路が狭く、階段があり、とても不便です。

もし、これらの問題に気づかれていない場合は、是非社員の方を、ららぽーと豊洲別館の3階のベンチに一日座って、お客がどれだけ困っているかどうかを観察し、至急対策を練ってもらえればと思います。

ららぽーと豊洲はとても魅力的な施設であると思います。
これからも頑張って、より魅力的な場所にしてください。
失礼します。



↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« Googleでさえ、YouTubeを買収しようと思うのか。 | トップページ | 時代は音波だ。みんなも、音波式電動歯ブラシを使おうぜ。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

同感!間違えました。一度帰りかけた。。。

投稿: shot | 2006.10.10 09:42

この休日にでかけましたら、「本館はこちら」貼り紙が別館1F2Fエスカレーター付近に大量に貼られていました。入り口にはなかったので、人の流れは相変わらず別館→連絡通路→本館でしたが。

投稿: うち | 2006.10.16 12:36

> うちさん
おぉ、貴重な情報ありがとうございます!(笑)
張り紙が大量に貼られている風景を実際に見てみたいですねぇー。

投稿: なおゆき | 2006.10.16 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/12193495

この記事へのトラックバック一覧です: ららぽーと豊洲に遊びに行ってきた:

« Googleでさえ、YouTubeを買収しようと思うのか。 | トップページ | 時代は音波だ。みんなも、音波式電動歯ブラシを使おうぜ。 »