« ゆとりの教育の内容って、大人が考えた結果なんだと思うよ | トップページ | アップルのMacのCM »

2006.11.12

未履修問題と受験と英語

高校生は受験に関係ない勉強はやりたくないらしい。

まあ、そうだろう。

で、大半の高校生にとって受験に関係がある勉強といったら英語だ。

特に文系は英語だけを勉強することになる。

理系も、まあ、理系科目があるだろうけど、英語が重要。


最近は小学生も英語を勉強して、中学生も高校受験のために英語を勉強する。

日本で教育を受ける大半の人が英語の勉強にもっとも力を入れている。

こんなので、国際競争力というんですか、アメリカとの知識競争に勝てるんですかね。

英語なんかじゃなくて、歴史とか数学とか科学とかそういうのをたくさん勉強しないと、だめなんじゃないですかね。

「英語を勉強するなら小さいときからが望ましい」っていうけれども、それは英語以外だってそうで、用は何を一番子どもに取得させたいか、という問題の答えにかかっていると思うんだよね。

いや別に英語を勉強することを否定しているわけではなく、でも、英語が中心になっちゃっていて、中学生とか高校生は受験のために他の科目が目に入らなくなってしまっている。
そんなくらい英語中心の勉強になっちゃっていて、いいのかなぁ、と。

英語を知っているといろいろ得なのは十分わかっているつもりだけれども、英語しかできないのは何も役に立たないのも知っている。

何かができた上で英語ができるから、その人はスーパースターなんだよ。
それをわかっているのかな、中学生や高校生や、その親たちは。

つーか、会社で働いていて思うのは、9割くらいの人たちは英語不要。一般のオフィスで重要なのは英語じゃなくて、コミュニケーション能力(国語<読み書き>・道徳、倫理)とか論理的思考能力(算数、基礎数学、基礎科学)とか、文化芸術(社会、歴史、地理、音楽、美術、芸術)とかなんだよなぁ。

というか、日本で働いたり生きていく分には英語っていらないでしょ。
なんで、こんなに英語中心の教育文化になってしまったのだろう。
全くなくなってしまえとは言っていないからね、念のため。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« ゆとりの教育の内容って、大人が考えた結果なんだと思うよ | トップページ | アップルのMacのCM »

主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/12653611

この記事へのトラックバック一覧です: 未履修問題と受験と英語:

« ゆとりの教育の内容って、大人が考えた結果なんだと思うよ | トップページ | アップルのMacのCM »