« フレックスタイムとか労働時間とか | トップページ | 労働基準法34条 »

2007.05.18

へぇ、調べてみるものだね。面白いのみつけた。

下の通達が何を意味しているかというと、1日単位での労働時間の切り捨ては「完全に労働基準法違反」。このルールって今日現在でも有効なのかな?どこを調べればいいのかがわからない。

ちなみに、これに違反していた場合、過去にさかのぼって未払い分の賃金を請求して勝ち取ったケースもあるらしい。
〜人事労務屋のつぶやき 独立編〜:日本マクドナルドの未払い賃金問題


福岡労働局 | 監督課:労働条件Q&A(時間外労働、休日労働、深夜業、割増賃金編)

原則的には、毎日の時間外労働は分単位で正確に計上するのが正しい労働時間管理といえます。労働時間の端数計算を、四捨五入ではなく常に切り捨てて計算することは、切り捨てられた時間分の賃金が未払いとなるため認められていません。

--------------------------------------------------------
残業時間の賃金の計算における端数処理、下記の労働基準局長通達。(昭和63.3.14基発150号)

次の方法は、常に労働者の不利となるものではなく、事務簡便を目的としたものであるから法24条および37条違反として取り扱わない。

①1箇月における時間外労働、休日労働および深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。

②1時間あたりの賃金額および割増賃金が1円未満の端数が生じた場合は、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。

③1箇月における時間外労働、休日労働。深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、②と同様に処理すること

-----------

つーか、なにこれ。ヤフーで検索した限りだと、常識過ぎる話に見えるんですけど。
Yahoo!検索 - 残業時間の賃金の計算における端数処理

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« フレックスタイムとか労働時間とか | トップページ | 労働基準法34条 »

主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/15119302

この記事へのトラックバック一覧です: へぇ、調べてみるものだね。面白いのみつけた。:

« フレックスタイムとか労働時間とか | トップページ | 労働基準法34条 »