« ホットケーキ | トップページ | Feed::ToolsでURL経由じゃなく、直接XMLのテキストデータをパース(parse)させる方法 »

2007.09.28

RubyでNet::HTTPを使ってif-modified-sinceを意識したコードを各方法

Googleで検索しても具体的なコードをバシッと書いているページが見つからなかった。
Rubyist Magazine - 標準添付ライブラリ紹介 【第 7 回】 net/httpに書いておいて欲しいなぁー。サンプルをきちんと書かないと初心者はやり方がわからないままになってしまい、規則正しいコードを書かないままになってしまう。

もしもあなたが巡回ロボットを作ろうとしているのでしたら、 HTTPNotModified については知っておきましょう。 If-Modified-Since ヘッダを利用したときに、更新されていない場合に、 返るレスポンスです。 これらを使うことで Web サーバに優しいロボットを作成できます。

ということで、サンプルコードをこのページに書いておいた。
RubyでNet::HTTPを使ってif-modified-sinceを意識したコードを書く方法

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« ホットケーキ | トップページ | Feed::ToolsでURL経由じゃなく、直接XMLのテキストデータをパース(parse)させる方法 »

ruby」カテゴリの記事

コメント

リンクをクリックすると白い画面が出てきて読めません…残念

投稿: ソルシェ | 2008.07.09 10:54

あれ、読めないですか。。じゃあ、こっちにこぴぺ。


require 'uri'
require 'net/http'
require 'time'
Net::HTTP.version_1_2

time = Time.gm(2007, 9, 28, 4, 2, 25)
uri = URI.parse('http://java.cocolog-nifty.com/blog/index.rdf')
http = Net::HTTP.new(uri.host)
response = http.get(uri.path, {'if-modified-since' => time.httpdate})
puts response.code

投稿: なおゆき | 2008.07.12 15:24

参考になりました。
ありがとうございます!

投稿: ソルシェ | 2008.08.13 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/16599378

この記事へのトラックバック一覧です: RubyでNet::HTTPを使ってif-modified-sinceを意識したコードを各方法:

« ホットケーキ | トップページ | Feed::ToolsでURL経由じゃなく、直接XMLのテキストデータをパース(parse)させる方法 »