« LeopardでMacPortsが動かない | トップページ | 11月3回 »

2007.11.06

LeopardではTime Machineのデータから環境を移行できる

従来でも/アプリケーション/ユーティリティ/移行アシスタント.appを使うとFireWire経由で昔のマシンから新しいマシンに環境を移行できた。
でも、FireWire経由だと昔のマシンが生きている状態じゃないと移行できないという問題があった。
で、Time Machineのバックアップデータから移行できるようになっているのかな?と思って調べたらできるようになっていた。
↓は移行アシスタント.appを起動したときの画面のキャプチャ。
Ikou


これによって、Time Machineを利用していれば、ある日突然Macが壊れても、新しいマシンを買ってくれば外付けHDD経由で即日昔の環境を復元できる。
Time Machineはアプリケーションファイルも復元するので、言葉通り昔の環境そのままだ。

これは便利。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« LeopardでMacPortsが動かない | トップページ | 11月3回 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/16998242

この記事へのトラックバック一覧です: LeopardではTime Machineのデータから環境を移行できる:

« LeopardでMacPortsが動かない | トップページ | 11月3回 »