« スーパーマリオギャラクシーの方は取りあえずコンプリートクリア | トップページ | 運転停止エスカレータ »

2008.01.18

RubyでCSVのテキストデータを作る方法(CSV::Writerの使い方)

っていうか、
Rubyリファレンスマニュアル - CSV::Writer
じゃわからねーよ。。。

で、Googleで検索してもよくわからないから悩んでようやく解決。結構需要あると思うんだけどなぁ?
ポイントは、StringIOを渡すことと、最後にStringIOのインスタンスに対してrewindメソッドを呼ぶこと。そうしないと、io.readというようにreadメソッドを呼び出してもnilが返ってくる。理由はポインタを先頭に戻す必要があるため。


#!/usr/local/bin/ruby

require 'csv'
require 'stringio'

io = StringIO.new("", "r+")
writer = CSV::Writer.generate(io, ',')
writer.add_row(["a", "b", "c"])
writer.add_row(['a,"i', "e", "f"])
writer.close
io.rewind
print io.read


↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« スーパーマリオギャラクシーの方は取りあえずコンプリートクリア | トップページ | 運転停止エスカレータ »

ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/17741205

この記事へのトラックバック一覧です: RubyでCSVのテキストデータを作る方法(CSV::Writerの使い方):

« スーパーマリオギャラクシーの方は取りあえずコンプリートクリア | トップページ | 運転停止エスカレータ »