« rubyのmemcache-client-1.7.6にキャッシュをdelete(expire)できない不具合 | トップページ | railsのmemcacheのpluginであるcache_fuのget_cacheメソッドには任意の文字列を指定できる »

2009.11.20

rubyのmemcache-clientはmemcacheのキーにコロン(:)が含まれていると、その左辺をclass名と認識して、自動的にマッピングしてくれる

memcacheのデータを閲覧しようと思って、irbを使って

cache['User:hoge']

とかとアクセスしたら

ArgumentError: undefined class/module User

とかとエラーが返ってきた。

最初、???と思ったけど、なるほど、自動的にclassオブジェクトとマッピングしてくれる模様。
なので、irbで利用するためには

class User
end

って宣言した後に

cache['User:hoge']


とやる必要がある。

だから、

cache['User:hoge'].class

の戻り値はUserになる。

便利だけど、最初は戸惑うな。

|

« rubyのmemcache-client-1.7.6にキャッシュをdelete(expire)できない不具合 | トップページ | railsのmemcacheのpluginであるcache_fuのget_cacheメソッドには任意の文字列を指定できる »

ruby」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/46813837

この記事へのトラックバック一覧です: rubyのmemcache-clientはmemcacheのキーにコロン(:)が含まれていると、その左辺をclass名と認識して、自動的にマッピングしてくれる:

« rubyのmemcache-client-1.7.6にキャッシュをdelete(expire)できない不具合 | トップページ | railsのmemcacheのpluginであるcache_fuのget_cacheメソッドには任意の文字列を指定できる »