« うちの母親 | トップページ | ココログ広場のつぶやき広場のまとめwikiとか欲しい »

2010.10.03

友達とラフティングに行ってきた。

こんな記事のタイトルを書いたら、

は?オマエ一体どうしたんだ、、、

とかと思われそうだけれども、機会があったのでラフティングっていう、アウトドアーなものに参加してきた。

感想を一言。


ラフティング面白すぎて意味が分からない。ラフティングに参加したことがない人の気持ちが分からない。
それは人生を損しているといえるだろう。


とかと思わず言いたくなっちゃうような、そんくらい面白かった。
まあ、言っているけど。


ラフティングって何?っていうのを一言で説明すると、リアル スプラッシュマウンテン

あの、ディズニーランドにあるスプラッシュマウンテンをリアル世界の川で体験する感じですね。


ちなみに僕はラフティングの「ラ」の文字も知らない状態で参加したんですね。

で、知り合いからは

「濡れても良い洋服と簡単な着替えを持ってきてね」


みたいなことを言われたので、まあ、優雅に川下りかなとかと思っていたんですよ。。

んで、現地に到着して直ぐに気がつきましたね。。

はめられた。。。騙された。。


現地のスタッフから最初に手渡されたのは、ウェットスーツ。

人生初のウェットスーツですよ。うわー。

洋服脱いでウェットスーツ着るなら、着替えとかいらないじゃん、、むしろ必要なのはタオルと水着じゃん。。

ってことだ。


しっかし、実際問題、ウェットスーツを着るとテンションが上がる。

ゴムボートを川に浮かべて乗り込んだらもう気分はアドベンチャーですよ。

んで、川を下るっていうか、激流を下った。

ゴムボートに乗って激流を下るんだけど、ガイドさん(船長さん)はわざと岩にぶつかったりするんですよね。

あと、わざと水の中に突っ込んだり。

いやー、凄い楽しいね。


あと、最後に知らなかったんだけど、ラフティング名物の最後に崖から水に飛び込む奴をやった。

最初は、うわーーーー、この年でこんなことして怪我して会社に行けなくなったら困るなぁ、、とかと思ったんだけど、まあ、みんなボンボン飛び込みまくるから、もう、その場の勢いで飛び込んだ。

あれ、高さ何メートルなのかなぁ。。

こう、落ちる瞬間も怖いけれども、落ちている最中の滞空時間が結構長いんですよね。1秒くらい?
それがもう耐えられない感じで、早く着水して!みたいな。

で、いざ落ちてしまえばこんなものかって感じなんだけどね。

こう、崖が微妙に水面に飛び出している感じが、あの岩に当たったら死んじゃうよなぁって感じがまた怖い。


とまあ、そんな感じでラフティングに参加して、案の定今筋肉痛だ。
つーか、首が筋肉痛なんだけど、何でだろうなぁ。。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« うちの母親 | トップページ | ココログ広場のつぶやき広場のまとめwikiとか欲しい »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22269/49635234

この記事へのトラックバック一覧です: 友達とラフティングに行ってきた。:

« うちの母親 | トップページ | ココログ広場のつぶやき広場のまとめwikiとか欲しい »