カテゴリー「Mac」の99件の記事

2011.10.07

ジョブズがNHKのクローズアップ現代に出演していたのか。そして、クローズアップ現代はアーカイブをネットで無料で閲覧できるのか。

知らんかった。


NHK クローズアップ現代 パソコン界の先駆者

10年後のことは分からないって言っているけど、またまた。
10年単位のマスタープラン作って、粛々と進んできただけなクセして。


映像、ホームムービー作って子どもの記録を編集して、家族で共有したい。


結局、これが一番やりたいことなのかなぁ。と思った。

iLife、なんか一般的にあまり関心が持たれないわりに、iMoveとかあのへん力はいってるもんなぁ、毎回。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.09.08

Safari 5.0.2 ソフトウェア・アップデート

Safari 5.0.2 ソフトウェア・アップデートに


ユーザが Web フォームを送信できなかった問題が解決されます

があるけれどもこれってひょっとして長年放置されてきた、画像をアップロードできないことが1/2くらいの確率であるって問題が解決されていたりしないのかな。

どうだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.14

Safariのオートコンプリートが消せない場合の対処方法

普通、Safariのオートコンプリートの履歴を消したい場合は

Safari → 環境設定 → 自動入力 → ユーザ名とパスワード

から削除する。

けれども、「取り除く」を何度クリックしても消えない(消せない)項目があって、数年間悩んでいた。

誤って保存されてしまったオートコンプリートの設定が邪魔して、ログインがしにくい状態が続いていて、本当に数年間悩んでいた。

いっそ、「全てを取り除く」を押せば消えるかなと思って押したこともあったが、それでも消えないっていうか、全てを取り除くをクリックしてもずいぶんの数のデータが残る。。。

どういうことよ、、バグ・・?

と思って数年間我慢して、Safariがバージョンアップする度にトライをしていたのだが、先日の「ver 5」になっても直る気配がない。


で、今さっき、ひょっとして「キーチェーンアクセス」から削除できるのでは・・?とふと思いついた。

で、キーチェーンアクセスを起動して、削除したいオートコンプリートのドメインを入力して、そこから削除してみた。

その後、Safariの設定を見直したらオートコンプリートの設定が消えている・・!

うぉぉぉ、ようやくこの悩みから解放された・・!


Webはオートコンプリートなしでは生きていけないよねと思うんだ、僕は。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.08

とりあえずアップルは、(オンラインの)Apple StoreでAdobe Flashを販売するのを止めたらいいと思う。

Adobe Flash Pro CS5 - Apple Store (Japan)
Adobe® Flash® Professional CS5 - Apple Store (U.S.)

Adobe® Flash® Professional CS5 は、魅力的なインタラクティブコンテンツを作成、配信するための優れた環境です。パソコンやモバイル機器からスクリーンまで、大きさや解像度を問わず提供できます。 表現力豊かなコンテンツをプロ仕様のタイポグラフィや精密な描画ツールを使ってデザインし、コードの補完やカスタマイズ可能なコードスニペットを使って正確で効率的にコーディングをおこなうことができます。また、高品質なビデオを事実上どこへでも配信できます。


アップル(ストア)は、「魅力的なインタラクティブコンテンツを作成、配信するための優れた環境です」「高品質なビデオを事実上どこへでも配信できます」とかといってFlashを販売して利益を得ている。

けれども、アップルは

ジョブズCEO、iPhoneでのFlash非対応について説明 - ITmedia エンタープライズ

というように、Flashを否定しているし、実際iPhoneやiPadへはFlashを使ってビデオを配信することが出来ない。


「高品質なビデオを事実上どこへでも配信できます」と宣伝してFlash販売しているのはどうかと思う。

単なるAdobeの商品説明のコピペかなんかなんだろうが、ここまで全面的に喧嘩を売っているのだから、どうせやるならこのあたりにまで徹底してやった方が良いんじゃないか、というか、やり方が中途半端じゃないのか、というか、やって欲しいなぁと思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.15

Chromeすげぇと言いたいだけなのだろうか。

HTML5対応がもっとも進んでいるのはChrome5

の記事を見て、なんでSafariだけ開発版が載っていないんだろう?と疑問に思った。
Safari Macだとスコア113だったし。

ということで、WebKit Nightly Buildsをダウンロードして実行してみたら、137で、Chrome5と同じだった。。。。。。。
(Chrome5は自分では試していない)

そうなってくると、もうこの記事のタイトル自体がどうかと思える。
記事中でSafariは6位だが、開発版Safariは一位タイだ。

HTML5がもっとも進んでいるのはChromeとSafariってタイトルにすべきなんじゃないだろうか。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

Safari 4 がwindows環境で文字化けしているのを解決する方法

Safari 4 メニューの文字化け解決策 : せつないぶろぐ

を見て解決。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.11

このINFOBAR2のCMいいなぁ。
曲も、映像も。
最後のアップルのロゴも可愛い。



↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.03

Macでココログ(ブログ)に画像をアップロードする際に容量(サイズ)を縮小(リサイズ)するときにオススメのフリーソフトとその使い方

ココログ助け合い掲示板トップ | 質問一覧 | (スレッド) 画像のサイズで悩んでいます(ブログ、パソコン初心者です)」に対する補足記事。

このソフトが使いやすいかな?

Th-MakerX

ダウンロードのリンクからダウンロードして、アプリケーションフォルダにコピーします。
で、アイコンをDockに追加しておくと便利かと思います。

使うときには、iPhotoからDockに追加したTh-MakerXのアイコンにドラックアンドドロップをするだけでリサイズが可能です。

使うときは、下のキャプチャみたいに設定すると良いと思います。
ポイントは
・「拡大しない」にチェック
・幅を600px or 好み(ブログ用となら1000とか不要)
・保存先を「次のフォルダ」にして、デスクトップを選択
・保存先に同名ファイルがあるときの動作は好みで
・保存品質もブログ用となら標準で良いと思う
(↓クリックして拡大)
Resize_soft


ちなみに、Dockというのは、↓のキャプチャの赤丸の部分で、アプリケーションフォルダにコピーしたアプリケーションアイコンをドラック&ドロップでこの赤丸のどこか好きな場所にもっていくことで、追加が可能です。
以降は、このDockをクリックするだけでアプリケーションが起動できますし、Dockに登録されたアイコンに写真をドラック&ドロップするだけで、リサイズのためのファイル選択ができます。
This_is_dock

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008.08.24

正直なところ

10万使った割に、何も変化がなくてつまらん。ただ単に4日前に戻った感じだ。

贅沢な悩みなのだろうが。

思い返してみると、Panther(iBook G4), Tiger(MacBook), Leopard(iMac)というようにそれぞれの代で本体も買い直している。しかもTigerとLeopardはOSもそれぞれ購入しているからちょっともったいない感じだ。


とかいいつつ、10万で新品の本体が買えたことに驚きを隠せない。なんか、気分的には無料でパソコンを手に入れたくらいの感じがある。

3年持っていてくれれば、年3万、月3000円という感じ。携帯代金と同じだ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.23

iMacが届いた - Time Machineすげぇ


というわけで、昨日価格.comで安値を付けていたお店で注文したiMacが今日届いた。

設置完了。ジャーン。

面白かったのは、裏のリンゴマーク。保護シールが貼ってあった。

で、凄かったのがTime Machine(タイムマシン)。
Time Machine(タイムマシン)というのは、Mac OS X Leopardに標準で付属のバックアップ機能。外付けHDDを繋げるだけで約1時間に1度バックアップを自動的にしてくれる。だから、いつMacが壊れてもデータがなくなるという心配が減る。

んで、まあ、バックアップだけなら、まあ、普通なんだけど、流石はOSに付属のバックアップ機能だけあって、凄い。
↓は今日届いたMacを始めて起動したときの画面。
「すでにMacをお持ちですか?」
という質問が出てきて、そこに「Time Machine バックアップから」という選択肢がある。

で、その選択肢を選ぶと昔のマシンでバックアップ先に指定していた外付けHDDが認識されて。

情報の転送が始まる。

んで、データ量によるだろうけど数十分でリストアが終わってMacが起動すると、、数日前の旧マシンと全く同じ状態でiMacが起動する!!

なんというか、せっかく新しいMacを買ったのに、最初からデスクトップがアイコンだらけで汚くて、逆に残念なくらいちゃんと復旧している(笑)

バックアップというと、デスクトップとかマイドキュメントフォルダだけが保存されるだけだと思いがちだけど、このTime Machine機能は良くできていて、マシンに保存されている殆どのことがそのまま復旧できる。
当然のこととして
・SafariならブックマークやCookie、自動入力項目、閲覧履歴
・Mailなら設定やメールボックス、Todo、メモ
・iPhoto、iTunes等々
・インストールしていたアプリケーション
・Dockの設定
・デスクトップ
のデータは当たり前のように保存していてくれて、さらに
・インストールしていたMySQLとそのデータ
・bashのhistory
・/Library/WebServer/
・rubyのgemでインストールしたライブラリ
とかまでカバーしてくれている。つまり、まあ、殆どHDD全体をカバーしているから普通に使っているデータだけじゃなくて、UNIXとして使っていたデータもちゃんとリカバしてくれる感じだ。


・まとめ
つい3日前に2年間くらい使っていたMacBookが突然壊れて起動すら出来なくなりました。しかし、Mac OS X付属のTime Machineという機能を利用してバックアップをしていたので、新しく購入したiMacでたったの数クリックするだけで簡単に元の状態に戻りました。
普通に使う用途(iLife系)だけではなく、UNIX用途のデータもちゃんとバックアップ&リストアされることがよくわかりました。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧