« タイトルの重要性とその活用 | トップページ | ATOKの誤変換の癖 »

2003.12.07

フォントのライセンス

フォントのライセンスが複雑かつ厳しい上に高額なのは何とかならないのだろうか。
大抵の場合店頭で売っているパッケージフォントは印刷用のライセンスしか与えられ ていない。もちろんメーカーにもよるが、デジタル用途(アクロバット、ウェブ、ビ デオ、テレビ)で使うためには別途お金を払う必要がある。
個人用途では認められている事も多いが、商用だとまず追加料金が必要だ。
例えば自宅で自分の買ったフォントでアイコンを作って会社に持って行って使ったら アウトなのだろう(契約書を見る限りそうとしか思えない)。
そりゃ、大規模な仕事で使うならプラス数万払うのもいいかもしれないがちょっと賛 同しかねる。
フォントを完全に印刷にしか使わないなんて考えられない(完全に非商用というのも 考えにくい)。
そう考えてると、個人で高いお金を払ってフォントを買うのが馬鹿らしく思える今日 この頃。

|

« タイトルの重要性とその活用 | トップページ | ATOKの誤変換の癖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォントのライセンス:

« タイトルの重要性とその活用 | トップページ | ATOKの誤変換の癖 »