« メールの記憶 | トップページ | サイトの更新 »

2004.03.21

書きたい時に書く

 書きたい時に書くというのは重要だ。後で書こうと思っていた記事は永遠に書かない事が多いと思う。そう思うのは、なにより僕がこのウェブサイトを数年間続けている間、書きたいと思っていながら書かなかった事がものすごくたくさんあるからだ。例えば、面白い商品を買ったとする。それをみんなに紹介したくてレビュー記事をアップしようと思う。けれどもGoLiveの起動や写真撮影がめんどくさくて後回しにする事が多い。そうなったら最後、そのレビュー記事を書く事はなくなってしまう。数日、数週間経過するとほかの事に興味が移ってしまってその商品の事なんてどうでも良くなってしまう。なにも商品に限った事ではない。面白いサイトの紹介、楽しかったお店、きれいな景色の写真等々の話題…、ウェブサイトに掲載したかった話題はたくさんある。
 ブログがはやっている理由の一つに僕と同じように感じている人が多いからというのがあるのではないだろうか。出先でも書きたい時に書ける。携帯で写真を撮ってそのままアップロードする事も出来る。簡単にリンクが張れる(簡単に宣伝、相互リンクも出来る)。デザインもレイアウトもリンクもインデックスも気にしなくていい。
 初めて訪れたサイトの掲示板に書き込みをするのはなかなか勇気がいる行動だ。そのためあいさつはどうしようかだとか、どんな話題をふろうかだとかを悩んでいるうちに書き込みしなくなってしまう事が多い。しかし、ココログのように気軽にコミュニケーションがとれる土壌があるとそんな事を気にしなくてもいい。いつでも気軽にコメントという文章が書ける。
 メモ帳、ネタ帳を活用している人をたまに見掛けるが、僕のいろんなところにためてある情報は活用された事がほとんど無いし、活用しようと思った事もない。いつもためておくだけだ。 思い立った時に文章を書くというのはとても重要だと思うし、そんなツールが必要とされているのだと思う。

とはいっても、書いてばっかりでは意味がない、ビジネスの世界ではそんな事言っていられないという事で、ジャストシステムはこういうソリューションを提案しているんだろうなぁ…。やっぱり役に立つのかな。ネタをとにかく残して、それを活用する技術。それもコンピューターらしい提案なんだろうな。というか、書くツールと一体化してこそ価値があるんだろうな。

|

« メールの記憶 | トップページ | サイトの更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書きたい時に書く:

« メールの記憶 | トップページ | サイトの更新 »