« 週刊ゲーム&アプリLiveを盛り上げよう! アプリWelcomeコンテスト | トップページ | winnyの話の続き »

2004.05.15

Winnyを潰したのは誰か?

 色々なサイトで色々な人達がWinnyについて、警察が取った行動を批判している。僕は、ソフトの違法コピーが大嫌いだから、(法律の話をおいておいて、感情的に言えば、)「逮捕大歓迎やったね」という感じだ。そもそも、Winnyを一度も使った事が無いどころか、そのダウンロードサイトすら見た事もないので、今回の事件に対してなんの感情もわかないからちょっとつまらない…。
 ところで、Winnyに対してコメントを発しているサイトには幾つかの傾向があるが、いつもそれに強い違和感を覚える。Junjiro Hara's Blogさんは「だれにも分からず、仲間だけでファイル交換できる機能はこれからのネットワーク時代、ビジネスでも行政でも、どこでも必要になるツールである。セールスマンが本社営業部や経理、あるいは工場と同じファイルを共有し、営業効率をあげることにも利用できる。P2Pともいわれるこの技術はいま急速にビジネスとして立ち上がりつつある。
 映画や音楽業界の既得権を守るためにだけ、警察が犯罪をでっちあげたのだとすれば、IT国家日本の将来は暗い。」と話している。確かに、こういったファイル共有ソフトは違法コピー以外の方途にもとても魅力的であり、インターネットならではの素晴らしい技術だ。では、この素晴らしい技術を潰したのはだれだろう。警察か?映画業界か?音楽業界か?僕は、一般ユーザーだと思う。一般ユーザーがファイル共有ソフトを悪の巣へと育て上げ、技術を潰していったと思うのだ。もし、我々がファイル共有ソフトを素晴らしいツールとして使いたいのならば、使い手である我々(とソフト制作者)がファイル共有ソフト文化を健全な方向へと育て上げて行く必要がある。
 よく、ファイル共有ソフトを包丁にたとえる人がいる。確かに包丁は人も殺せる。けれども、包丁とファイル共有ソフトとの間には決定的な差がある。包丁はたいていの人が正しく使っている。しかし、ファイル共有ソフト(Winny)はたいていの人が違法に使っている。また、包丁は料理を作るという生活必需品なのにたいして、ファイル共有ソフトは(便利だが)生活必需品ではない。この例えは根本的に間違っているように思う。
 もし、ファイル共有ソフトが正しいものだと言い張るのならば、(Winnyが)違法コピー以外の用途で使っている人の方がそうでない人よりも圧倒的に多い事を統計的に主張する必要があるだろう。また、健全な使い道や著作権との付き合い方を提案していく必要があるだろう。
 ただ闇雲に警察の取った行動を批判し、他のファイル共有ソフトを使って違法コピーを続けていくのならば、自分の首を絞めていく事になると思う。これ以上ファイル共有ソフトを悪い方向で使い続ける文化が進展したならば、今度は法的にファイル共有ソフトを禁止する動きになる事だって十分ありえる。例えば、偽札を作るための機械を作る事すら違反だとか、偽札や拳銃、麻薬のように持っているだけで違法だとか。

 僕は、インターネットの文化は一般ユーザーが育て上げてきたものだと信じている。先人が築き上げてきたこの貴重な文化を違法コピーなどというくだらない事で潰して欲しくない。これ以上、インターネットの文化を国家に侵害されないためにも、これからの事をみんなで考えていって欲しい。

|

« 週刊ゲーム&アプリLiveを盛り上げよう! アプリWelcomeコンテスト | トップページ | winnyの話の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Winnyを潰したのは誰か?:

« 週刊ゲーム&アプリLiveを盛り上げよう! アプリWelcomeコンテスト | トップページ | winnyの話の続き »