« 更新 | トップページ | テレビで紹介された »

2004.06.16

吉田カバン(PORTER)PowerBook/iBookケース - 12インチ

 今日、アップルストア銀座に行って、吉田カバン(PORTER)PowerBook/iBookケース - 12インチを買ってきた。最初、アップルストア(Apple Storeへ)を見て、いいなぁと思っていたのだが、やはりカバンは実際に手に取ってみてみないとという事で、会社帰りに銀座へ行った。新橋から歩いて数分なかなか楽しい買い物だった。銀座のそばに住んでいない人のためにもせっかくなので簡単に写真とコメントを書いてみたいと思うので参考にしてもらえたら幸いだ。

アップルストア銀座の白い袋。

信者といわれてしまいそうだけれども、やっぱりうれしい。


こちらがカバン本体。写真だとわかりにくいが、かなり小さい。一見、iBookが本当に入るのか疑問に思ってしまうくらいだ。そのため一瞬15インチタイプを買おうかどうか迷った。見た目はおしゃれでかわいい。


見た目は小さくても中身は大きい。吉田カバンの実力というモノなのだろうか!?


中身が大きい事を説明するために周りを見渡したらフォトショップのアップグレード版のパッケージが目に留まったので入れてみた。このように、それでもまだ余裕があるくらいだ。


さらにiBookが入る。iBookを入れる部分はカバンの外側にくっついている感じなので、中にたくさんモノを詰め込んでも関係なく収納する事ができる完全独立構造となっている。

ただしこの写真で見てもらえばわかる通り、iBookを入れる部分はかなりギリギリだ。「えいっ」と押し込む感じでファスナーを閉める必要がある。もちろん、iBookに傷が付くような事もなく、閉まらないという事も絶対にない。言葉通りピッタリの寸法といったところだ。


ファスナーを完全に閉めたところ。何も入れていないととても小さくしぼんだ風な感じだったのだが、中に入れると少し大きくずっしりとした風に見える。iBookの収納部分はクッション構造になっており安心だ。また、肩ひもも太く頑丈にできている。カバンがiBookにジャストサイズなので、肩が痛くなったら腕でかかえてしまうという使い方もアリだろうと思う。

|

« 更新 | トップページ | テレビで紹介された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田カバン(PORTER)PowerBook/iBookケース - 12インチ:

« 更新 | トップページ | テレビで紹介された »