« たまに飢える | トップページ | 時間がないときは焼き魚 »

2007.11.01

LeopardでInputManager系のプラグインを動かす方法

おれ、hetimaさんがいなかったらMacを使っていく自信がない、、

このページ(SafariStand - hetima.com)でPlugsuit · ∞labsというソフトを知って、それを使えば大抵のInputManager系プラグインが動くらしいことがわかった。

ということで、早速必須のプラグインである「IncrementalSearchInputManager」を有効にしてみた。
おおお、動いたぞ!
もうね、僕はね「IncrementalSearchInputManager」無しでは生きていけないんですよ、というくらい依存しきっています。これはあらゆるテキスト入力エリアでインクリメンタルサーチを実現してくれるプラグイン。
ああ、この画面が見たかったよ。

Search

インストールの仕方は簡単で、従来通りの方法でInputManagerディレクトリへプラグインをインストールした後に、Plugsuitを実行するのみ。

↓1日1ポチッとをお願いします!励みになります!
ポチっとよろしく!

|

« たまに飢える | トップページ | 時間がないときは焼き魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LeopardでInputManager系のプラグインを動かす方法:

« たまに飢える | トップページ | 時間がないときは焼き魚 »